バンコク

タイ バンコク
ナインマンス社員研修旅行へ行ってきました。

そして、無事(?)に帰ってきました。

初日は夜にホテル到着。
チェックインを済ませ、一足先に現地入りしていたBOSSとの待ち合わせ場所へ
急ぐ。急ぐ。急ぐ。

予定時間を大幅に遅れなんとか無事合流。
そしてレストランへ向う。
みんなで食事。
観光客向けに料理しているのでしょうか。
強い癖や、からさもなくとても食べやすくおいしかったタイ料理。
いま思えば、これが最初で最後のタイ料理。



二日目の朝、体がだるい。

長旅の疲れであろう。少し休もうと朝食後、部屋で横になる。
が、段々体がだるくなる。
どうやら風邪をひいたようだ。
午後出かけるのをあきらめ、体を休めることにする。

その日の夜は、予約してある「シロッコ」というレストランで食事予定。
映画「ハングオーバー2」の撮影で使われた場所でもある。
(2はまだ見てないけど)


これは行かなければならない。
体力も温存できた。
よし行くぜ!

渋滞を避けるため、足は機動力のある「トゥクトゥク」。


乗り心地最悪である。
しかも無理やり5人詰め込まれる。
排気ガス吸いまくり。
病んだ体にさらにダメージを受ける。

予約時間を過ぎてしまった。
渋滞にはまる。
まったく動かない。
ひどい渋滞である。
これはやばいと、各々バイクに乗り換えGO!


さらに排気ガス吸いまくり。
さらにダメージを受ける。
そして気持ち悪くなる。
とどめをさされたようだ。

なんとか到着。


最上階にあるロマンティックなレストランである。


バンコクの夜景が広がる。


グロッキーだったが、テンション上がる。

ジャズの生演奏が始まる中、調子に乗って4300バーツのコースを注文。

体調悪化し先にホテルへ帰る。

風呂入って寝る。

12時間後起床。
体調回復せず。
朝飯を食べる気力なし。
もはや観光は無理である。
W社員がバナナとりんごとみかんとポカリを買ってきてくれる。
そして、飲んでくださいと、得体のしれない錠剤を渡される。
箱にも入っておらず不気味すぎる。


9時間後起床。

チェックアウトの時間である。
出発まで3時間あるが、ふらつきながら仕方なく部屋を去る。
21時間ぶりに部屋を出た。

ホテルの前はお店が出ているので、お土産を購入。
子供の服を購入。やすい。
帰国後、サイズ合わず。

とまあ、滞在時間の大半をホテルのベットで過ごす羽目になってしまった今回の旅行。
はじめてのタイ・バンコク。いろいろと観たいスポットもあり、飛行機のなかで
ガイドブックをワクワクしながら読んでいましたが、
全て流れてしまいました。

みなさんも旅行に行くときは、体調を整え万全の状態で旅に望んでください。


9months:http://www.9months.jp

横浜空間:http://www.yokohama-kukan.com

東横空間:http://toyoko-kukan.com