アナログ

yokohama-kukan2009-12-12

早くも3回目のブログの順番が回ってきました。


さて、横浜空間のスタッフは
どうやらみなデジモノに敏感なようです。
そんな中、超アナログな人間がいます。
それが私。


いまだにカセットテープ使ってます。
別にカセットテープにこだわりを持っているわけではないけど。


ナゼかって?

車がカセットデッキ付きだから。


コンポもカセットテープ


MTRもカセットテープ





去年の引っ越しを機についにDVDプレイヤーを購入。
いままで録画したビデオを見ることができなくなってしまったけど。
それまではず〜っとVHSのビデオを利用。



私が小中学生の頃、巷では(スーパー)ファミコンなどが流行っていた時代。
室内にいるより、外でかけずり回っている方が多かった自分は、
あまりTVゲームの類をやった記憶がありません。
友人の家で初めてプレステをやってみたとき、
画像のリアルさと、コントローラーのボダンの多さに驚きました。
その時コントローラーを上下逆さに持っており
周囲を唖然とさせた記憶があります。


まさに原始人。


このようにデジモノに疎い私ですが、 

ipod持ってます。


21世紀に入ってもソニーのカセットウォークマンを使っていた私にとって
この技術の進化には驚きました。

通常:カセット→CD→MD→ipod(その他) 
私 :カセット→ipod

古代からタイムスリップした感じですね。

しかし、便利ですね。もうジャラジャラとカセットテープを
持ち運ぶ必要がないのですから。
巻き戻しをするのに、”きゅるきゅる”させなくていいのですから。
こんな薄っぺらい小さなモノに何千何万曲と入るのですから。

音楽好きの私には、欠かせないアイテムとなりました。



話は少し飛びますが、私たちを取り巻く様々な環境は
このように日々変化しています。
それもスピーディーに。
それに伴い人々のライフスタイルも多種多様になりました。
そんな自分のライフスタイルに合う物件をお探しなら「横浜空間」へ!

   横浜空間HP http://www.yokohama-kukan.com

リノベーション物件やヴィンテージマンションなど魅力ある物件をご紹介します。


現在私たちはIT(インフォメーションテクノロジー)の時代を生きています。
「横浜空間」もこの情報技術を駆使しているからこそ成り立っています。

だからこそ、時代の流れに取り残されないよう常にアンテナを張っていようと思う。


だけどまだ、カセットテープは当分使いそうです。


終わり