ターバン野口!!

 最近、書店にて気になる題名の本を見つけ早速、購入しました。
       
       それは、おりがみの本!
 

 「おとなのおりがみ」  著者 アル中Masa  山と渓谷社

おりがみ」は脳の活性にもひじょうに良いとされ、
最近、流行っているそうです。
でも、ただの「おりがみ」とあなどるなかれ、
この本で紹介している大人の「おりがみ」とは、お札で折る「おりがみ」のこと。
お札で折るなんて不謹慎だと怒られそうですが・・・。
でも、様々な折り方にユニークなネーミング [笑えます!(~o~)]が、
とっても楽しいです!

さて様々な折り方がありますが、その中でもイチバン有名な
     ターバン野口を早速、折ってみました。
野口というネーミングのとおり、
使用するお札は、モチロン1000円札です。
折っていくうちに徐々に、
あの偉大な野口英世先生がターバンを巻いた姿に大変身!!
完成した作品を見ながら、
これを、考えた人って本当にスゴーイ!!と感激しました。





次に、面白そうだなと思ったのが、
     家政婦は見た!
このネーミングを聞いて頭に思い浮かぶのは、
あの市原悦子さん主演の人気ドラマですよね!
完成品ってどんな感じになるのか気になりませんか?
それでは、ご覧下さい!!

         ↓
         ↓
         ↓
         ↓
         ↓







次にチャレンジしてみたいのが、諭吉先生を使った
      スーパー万





でも、困ったことがひとつ・・・。
日々の生活にそんなに余裕はないので、せっかく作った作品を
結局、すぐに壊すことになりそうで・・・。(T_T)
高額のお札を使うのに躊躇してしまうのでした・・・。



                  by「カツオの友達ナカジマ君」