花粉とびとび旅がらす

yokohama-kukan2006-03-03

アタシの花粉暦は短いものでまだ3年目。
さいしょはハナ風邪かと迷いつつ終わったのだけど
次は「ごぇがぞうがぁ〜?」ときっぱり自覚。
昔は花粉症のヒト達って一種の一体感というかステイタス(?)というか
そんな雰囲気が感じられ「ホ〜!」と感心して話をきいてたんだけど
なってみるとかなり迷惑!
おっさんみたいなクシャミでるし、目がかゆくてかいてるとマスカラ落ちるし。


薬がキライなのでひどい時にしか飲まないつもりで
甜茶などをたまに飲んでみたりしてます。
でもマスクってなんか抵抗ありません??
花粉撃退マスクって本気なんだもの!
形が立体でおっきくていかにも!って感じで一生つけないでしょうな。
誰か背景とマッチするマスク開発してくれ。


花粉は毎年体内に蓄積され
ヒトそれぞれの花粉許容量をオーバーすると花粉症になるそうな。
(情報番組でやってたの)
ってことは長生きすれば人類皆花粉症ってことになるのではないかい、セニョール?
と、そんな疑問が生まれた頃、賢いお客さんが教えてくれました。
年をとれば花粉を締め出そうとする体内の力が落ちるから治るんだそうだ。
アタシの花粉症が治ったらご老体になった証拠。
喜んだらよいのか悲しんだらよいのかわからん・・
と数十年後のアタシを思いやったのでした。


@ワカメ


横浜空間のホームページ 
http://www.yokohama-kukan.com/index.htm