建築士の仕事

連日お茶の間を賑わしている偽装構造問題。
それぞれ関係者のキャラも相当濃く、とんでもない感じですが・・・
建築士業界はすさまじい激震が襲っています。

そんなかんやで今後、建築士の仕事は大きく2つの方向に分かれると思うんです。

1つは検査を中心とした業務。
今まであった設計、施工監理といった検査業務とは違う、
他の建築士や施工会社の工事内容を検査するといった業務。
例えば、今回のことで言えば、構造計算書や建物の確認をしたりすることです。
今後は建築前や建築中から第三者建築士)が検査していくことが増えると思います。

もう1つは今まで通りの設計、施工監理業務です。
そこで私たちはどちらの方向に進むかといえば後者。
設計、施工監理の業務です。

非常に大雑把な言い方をすれば、検査業務は建築士としてネガティブな仕事。
設計、施工監理はポジティブな仕事と捉えることができます。
正直な話ですけど、これから検査業務のような仕事って重要ですし、
需要も多いと思うんです。多分仕事も増えて、儲かるかもしれません。
ただ、乱暴な言い方をすると、検査の仕事を重ねていくとなんか粗探しをするようになりそうでいやなのです。
こんな時代だからこそ、皆さんに安心して、喜んで住める空間を創っていきたいと思います。
横浜空間の取材もそんな思いの延長でするようにしています。


横浜空間ホームページ http://www.yokohama-kukan.com