ゲン担ぎあそび

yokohama-kukan2005-12-06

 みなさん毎年恒例の行事とかありますか?
私は毎年、年末にお正月に飾るしめ飾りの手伝いをしています。


12月の今ぐらいの時期になると、今年もメ飾りがんばるぞ!と
気分が盛り上がってきます。



門松、しめ飾り、鏡餅おせち料理、屠蘇、門松
ってすごく粋なカンジがしませんか?


そこで、最近はメッキリ若い方のはなじみが無くなって来た正月の
「しめ飾り」のマメ情報をお教えします。

これをみたら、今年は「しめ飾り」を見る目が去年とは違っている
かも・・・。


 注連飾・・・・しめ飾りと読みます。
 しめ縄・・・・神の住む神聖を保つ縄張りとしての意味があります。
 ダイダイ・・・代々も家系が続くようにと、ダジャレ風ですがマジメです。
 ゆずり葉・・・のちの世代まで福をゆずる。
 昆布・・・・・「よろこんぶ」で喜ぶ とこちらもダジャレ風のテイスト。
 ワラ・・・・・新しいわらには古い年の不浄を払う。
 ホンダワラ・・小さく丸い葉が一杯付いていることからも子宝に恵まれる。
 ウラジロ・・・ウラジロは古い葉と共に新しい葉が伸びてくる長寿ゲン担ぎ。
 伊勢エビ・・・腰が曲がるまで長生きしますようにという意味。
などなど・・・・・。

付いているもの全てに昔の人がゲンを担いだ意味があります。



だから本当に時々一年に一回でいいんです。現代とは経済、医療と全てが違う
時代に生きていた先人がナニを考えナニを感じていたのか。

しめ飾りなどの験(ゲン)を担ぎ意味を知る事で、時空を越え先人とのセッションを
楽しんでください。

P・S ちなみに上の写真は「しめ飾り」ではなく酉の市で撮った熊手なんですけど・・・。
    ぽいかなって思い。

横浜空間ホームページ http://www.yokohama-kukan.com