銀座で思う。分岐点。

先週、お客さんと銀座「交詢ビル」の「たらふくまんま」で食事をしました。

たまに交詢ビルには食事に行くのですが、

レストランのフロアはけっこう空いていることが多い気がします。

ところが銀座の街はというと・・・・

路上駐車の数が多いです・・二重駐車あたりまえ!

黒塗りのいかにも社用車に運転手だけが乗って駐車しています。

一回飲んで数十万円の店に行くためにこの街に来ているのか・・と思うと、

訳がわからなくなります。

方や仕事をしても日々の生活も苦しい者もいる。


どこが分岐点となって人はいろいろな生活(人生)を送るようになるのか・・・

不思議です。


人にはかならず、分岐点があるはず。

また、それは1回限りでもないはず。

問題なのは分岐点にいる時にはわからず、ある程度時間が経って、

あの時が分岐点だったとわかるってこと。

まぁーそれでも分岐点だったとわかればいいかもしれない。

普通はなにも意識せずそのまま過ぎていくものだろう。

あまり意識しすぎても、占いなどにハマッタリろくなことはなさそうだし・・・

ある時、ふと考えるくらいがいいのかもしれない。