やきうの時間です

いろいろと大変なことがおきて
いろいろと大変な時ですが
皆様、いかがお過ごしでしょうか。
ecbです。

さて、野球の話をしましょう。

ついにというか
やっとというか
横浜スタジアムでも観客を入れての試合が始まりました。

上限5000席というチケット争奪戦が繰り広げられる中
我がBOSSがチケットをGETしてくれました。
しかも2戦分!(ありがとうございます!)

久しぶりの現地観戦
どんなもんじゃろうと行って参りました。

1戦目

7月18日(土)VS 読売ジャイアンツ

いつもの駐車場に車を止めて街に降り立つと
全然雰囲気が違います
時刻は17:30.
通常ならコンビニや交差点にユニフォーム姿が溢れる時間です。
全くいません。
市役所前の信号でやっとちらほら

いつもなら急いた気持になるエリアですが
なんだか高まらないですね

チケットは自分で切って、半券を渡し
検温は通り過ぎるだけでモニターでチェックしてくれます

ワゴン販売はなし。

また、買い物ができるエリアが座席によって限定されており
なんでも買えるわけではありません。

まぁ仕方ないですね。

試合は2-4で敗戦
9回裏の猛攻撃では盛り上がりました。

2戦目

7月21日(火)VS 東京ヤクルト

崎陽軒の売店でハマスタ応援弁当を購入

涼しい風が吹いて快適な観戦でした。

負けちゃいましたけど。

今回観戦した2試合はどちらも6連敗の真っ只中。

もちろんそれも関係しているのでしょうし
コロナ関連で球団から指示が出ているのかもしれませんが

ベンチが大人し過ぎると思うんです。

全然声が出てないんですよ

観客の声が無い分、余計に静かに感じました。

野次れとはいいませんが
味方のピッチャーへの声かけぐらいした方がいいと思うんですよね。

ヤクルトの青木選手などはレフトの位置から
球場中に響きわたる声で
「ナイスピ~」とか「粘れ粘れ~」とか
常に声出してるんですよ。

テレビで見てても
日本ハムとオリックスの試合など
5位対6位とは思えない熱い声がベンチから響いていますよ。

まぁ、なんだかんだ言って見てしまうんですけどね

がんばれ、ベイスターズ

yokohama-kukan : https://www.yokohama-kukan.com/