2014年 あけおめ

皆様、明けましておめでとうございます。





横浜空間・東横空間は本日より2014年の仕事始めとなりました。



4CGです。

今年も何卒よろしくお願い申し上げます。





さて、年末、年始と皆様、どのように過ごされましたか?








私は、例年どおり、年末は実家の家業(鳶職)ならではのお正月飾りの販売をスタッフk-$kとhoshiにも手伝ってもらい、行いました。




製作者 hoshi   










年始1日には当社ナイン・マンスの氏神様、神明社に初詣でに行きました。





1月1日 午前7時  今年は例年になく暖かい元旦でしたね。












2日の朝には毎年の恒例、地元のお囃子による獅子舞を迎えました。




お囃子に合わせて獅子の登場です。






おかめが獅子をなだめています。



昨年の獅子舞は暴れた獅子をなだめるおかめ役の女性が出産によりいなかったため、獅子2匹が暴れ回って帰っていきましたが、今年は無事におかめも復帰し、平穏無事な獅子舞となりました。

2014年は穏やかな年になりそうです。







さて、今回のブログは、横浜空間の今年の抱負を書きます。





「当たり前をぶっ壊す」






2005年に横浜の中古マンションを自ら1件1件取材し、紹介するサイトを立ち上げて、今年で9年目となりました。




サイトを立ち上げる時に決めた約束事は、

○ 必ず1件1件取材する

○ 良い面だけでなく、ネガティブな面があれば、隠さずに紹介する

○ 物件の住所を正確に紹介する

当時は広告に記載される住所は、例えば横浜市中区海岸通○—○であっても、○—○の部分は記載されませんでした

○ ご成約時の仲介手数料を上限手数料3%から無料もしくは1.5%とする



現在でこそ、私たちと同じようなサービスを行う会社はありますが、9年前は私の知る限りありませんでした。






今となっては当たり前ですが、当時はインターネットで不動産を紹介し、それでお客様が不動産を購入するなど誰も思っていませんでした。


もちろん、物件まで急な坂道を登る、目の前に交通量が多く大型車が行き来するような道路があるといった、ネガティブな事を伝えることなどもってのほかでした。


細かい住所まで記載すれば、お客様が不動産業者に連絡せずに直接、物件を見にいってしまって、お客様を囲えないではないか。


自分たちでできることは、自分で行い、接待交際費も必要ない、さまざまな経費を節約すれば、当たり前のように、お客様に請求していた上限手数料3%を無料もしくは上限の50%にできるはずだ。






2005年当時の当たり前な事をいくつも壊して、このサイトを立ち上げました。







今まで取材に行った物件は6000件以上です。


その99%以上が横浜市内の中古マンションです。


1件1件、スタッフが実際に足を運び、取材しています。


過去にご契約いただいたマンションの修繕履歴や管理状況などは、データ化しています。








私たち以上に横浜のマンションを訪れ、知っている会社はないと、自信をもって言えますが、うぬぼれる気はありません。





2014年、現在では当たり前な事を私たちは、またぶっ壊します。






あらためまして、今年も何卒よろしくお願い申し上げます。