命名アドバイスその2

もう1月も終わりですね。
寒い日が続きますが、みなさんいかがお過ごしですか。
Saitoです。


今年最初のブログということで、大変遅くなりましたが、
「明けましておめでとうございます。
本年もブログならびに横浜空間・東横空間WEBをよろしくお願い申し上げます」




私事になりますが、毎年1月2日には我が家に地元のお囃子の皆さんが来られて、獅子舞を舞ってくれます。



戦後の苦しい時に祖父がタニマチになってお囃子の皆さんを助けたとかで、いまだに来てくれるのです。

朝一番から笛と太鼓の音とともに獅子やオカメが踊り、子供の頃には健康を祈って、最後に獅子に頭を噛んでもらいました。




そのせいか、子供の頃はまったくもって風邪すらひかない元気な子供でしたが、今はその反動か獅子に頭を噛んでもらっていないせいか、わかりませんが、かなりの虚弱体質となってしまいました。




話は変わって、私の昨年最後のブログは命名アドバイスでした。

空間スタッフは今年出産ラッシュ。

元気で素敵な子供に育つようにアドバイスをしました。(つもりです)



今回も名前がらみですが、スタッフの多くがウエブネームというか、省略ネームというか、自分の名前をカッコよく変えています。





k―sk→けいすけ→慶輔


U8→ゆうや→由也 


AKB→(違うか)ecb→いしべ→石辺


ykg→理由不明→ゆうき




ということで、私も考えました。











4CG→よしじ→好治

もしくは、



4CG-site→よしじ さいと→齋藤好治


どうでしょうか。

何かカッコよくないですか!



せっかくだから、他のスタッフも考えてみました。











No-ball→のぼる→陽
(竹内所長)




ii9bow→たけくぼ→竹久保
(iを2つ使って竹をイメージしてみました)



!33→まさみ
(まぁ!って感じで感嘆)

もしくは、

NoD-NoL→No drink No life→まさみ  

わかる人にはわかります



在日しているアメリカ人と初対面の時、

私の名前は「information source」ですと自己紹介されたことがあります



和訳すると「情報元」  →  「ジョーホーゲン」


彼の名前は Joe Hogan

スペルを見ると日本人は「ジョーホーガン」と発音するそうですが、
彼曰く「ジョーホーゲン」のほうがより正しい発音ということで、
「情報元」といつも紹介するのだそうです。




旅行者のイミグレーションでの「旅の目的は?」でおなじみの

斉藤伸一  →  サイトシンイチ  →  sightseeing

これもきっと「サイトシーイング」と発音するより「サイトシンイチ」と発
音するほうがネイティブが聞き取りやすいことがあるかもしれません。




それに、省略文字といえばアメリカのティーンはチャットでXOXO(キッスアンドハグの意味)などの略字が普通に使われています。



だから、この省略ネームは意外とグローバルに通用するのではないかと思っているのですが、みなさんもいかがでしょうか?





ざぎんで食べて、ぎろっぽんで飲んで、にこたまに住んでみる?
(ちょっと違うか、、、、、、)


横浜空間:http://www.yokohama-kukan.com/
東横空間:http://toyoko-kukan.com/