命名アドバイス



人は誰でも変われるのです。信じなさい。



























   









今年も12月になりました。
22年いかがお過ごしでしたか?
Saitoです。





突然ですが、来年は空間スタッフ2名がパパになる!

大変喜ばしいことです。

そして、生まれてくるのが男の子にしろ女の子にしろ、命名は親にとって最初の仕事。

そんな折、今年も明治安田生命がこども名前人気ランキングを発表した。





      男の子

順位 (昨年順位) 名前
第1位 (第1位) 大翔
第2位 (第6位) 悠真
第3位 (第2位) 翔
第4位 (第9位) 颯太
〃 (第41位) 歩夢
第6位 (第9位) 颯真
〃 (第12位) 蒼空
〃 (第17位) 優斗
第9位 (第26位) 大雅
〃 (第31位) 颯





      女の子

順位 (昨年順位) 名前
第1位 (第6位)     さくら
第2位 (第1位)      陽菜
〃 (第5位)      結愛
〃 (第55位)      莉子
第5位 (第4位)      美桜
第6位 (第2位)      美羽
第7位 (第16位)      葵
〃 (第20位)      結衣
第9位 (第2位)      美咲
〃 (第6位)      結菜




そこで、今回のブログは私Saitoが人生の先輩(多少だが)として命名アドバイスをしたい。





まず、最近人気の名前は正直、ふりがななしでは読めない。

学がない親ほど難しい漢字を付けたがる気がするのは私だけだろうか。





そして、インターナショナルに通用することを願ってか、外人みたいな名前。

これもいただけない。

だいたい洋風な名前をつける親にかぎって外国に行ったことがなかったりするから余計やっかいなことになる。




今年の人気ランキングを見ると、「自然」というか「風」を感じるような字が多いような気がする。



昔の人は「名は体をあらわす」と言ったものだ。

現在の若者「草食系」から20年後は「風系」になって、どこかに吹き飛んでしまうかもしれない。






私が考えるに大成する人間の名前はシンプルだ。


われらがイチローこと鈴木一朗


悪代官役で水戸黄門に出演してもらいたい小沢一郎


病状はどうだろうか坂上二郎


祭りだ祭りだ北島三郎


岸部四郎野口五郎、若干異論もあろうがみんなBIGだ!







もちろん、私自身シンプル命名を実践してきている。


かつて私の実家は近所ではムツゴロウ一家といわれたほどの動物好き。

犬、猫、鳥などどれだけ飼っていたかわからない。



だいたい命名は私の仕事だった。

そして、いつも直感で決めたものだった。





黒い猫の名前はクロ


白い猫はシロ


まだら模様の猫はタマ


胸の毛がシルバーのシェットランド・シープドッグ


品のいい顔立ちのパグは麿呂


セントバーナードはナードと命名ナドに変更。


現在はクロ君を飼っている。もちろん黒色のワンちゃんだ!








とにかく、難しく考えてもロクなことはない




シンプルに直感で決めてもらいたい





ちなみに、当社名「ナインマンス」の由来はこちらで

http://syamei.biz/gyosyu/17/9months.html




命名アドバイスは参考にならなくてもマンション購入アドバイスはバッチリ的確
http://www.yokohama-kukan.com/

http://toyoko-kukan.com/