横浜空間党マニュフェスト

みなさん、こんにちは。
2008年もあと10日あまりとなりましたが、
いかがお過ごしですか? 齋藤です。

昨日も東証2部のマンションデベロッパーが倒産しましたが、
不動産・建築業界はすさまじい1年となりました。
まー取引したことのある会社や知っている会社がバタバタと倒産しました。
ただ、そろそろ仲間の間でも泣き言をいっているのも疲れてきた様子。
2009年に向かって「明るくいこうじゃないか!」と空元気を飛ばしたくなります。


さて、先日、友人とスタバで

「最近、また道路混んできたよなー」

「1リッター200円近くだった時は道路ガラガラだったもんな」

と、そんな何気ない会話から、

自分達が政治家ならば、“こんな公約を掲げたい”といった大きな妄想話しに発展しました。


公約その1

ガソリンを1リッターあたり300円にします。


もちろん、値上げ分は全部税金です。

1リッター300円 → 税収増
    ↓
車で移動しなくなる  → 環境にいい
    ↓
ガソリン車が売れなくなるので日本の自動車メーカーが死に物狂いで電気自動車を開発
    ↓
世界のライバル自動車メーカーの何歩先も環境にいい自動車が開発される


この公約は税収が増えたり、環境にいいのはもちろんですが、本当に車を使いたい人が
使いたい時に混雑なく、移動できる点が一番いいと思っています。

暫定的には緑ナンバーの車(商業車)は減税措置をとって安いガソリンを提供しないと
物流コストが増大したり、燃費の良い車を購入する際にはかなりの金銭的補助をしないと
いけないと思いますが・・・・・



公約その2

ゴミ捨ての有料化


ゴミ袋を1枚200円で販売します。

とにかく、ゴミを捨てるにはお金がかかるとなったら、買い物をした際の包装など
物凄く簡略化されると思います。
もしかしたら、昔みたいに自分でお皿をもって買い物に行くかもしれません。
だって、包装紙に包んでもらったら、それを捨てるのにお金がかかるんですもの。

実際、この公約は今すぐにでも実現するといいなって話になりました。
捨てることにコストがともなえば、ゴミはすさまじい勢いでなくなります。
また、これは不法投棄などの厳罰(懲役刑など)とセットにしないといけません。
老人などの社会的弱者には負担が増えると思いますが、環境やゴミは年齢、年収など
関係なく生活するうえでの必要最低限の義務と思って国民全員で負担してもらいます。



公約その3

高齢化社会への対応


先日テレビを見ていたら、四国のどこかの農協と法人が飲食店で料理の盛り付けで使う
“葉っぱ”を売るビジネスの紹介をしていました。
70歳以上のおばあちゃんが年収1000万円以上を稼ぐ!
パソコンは駆使するは、マーケティング的発想はするは、お金は稼ぐは!
仕事に忙しくなると、病気にもならない!
人間、暇ほど辛いことはありません。
「死ぬまで欲と道連れ」
仕事をリタイアした後にお金を稼げる仕事があれば、医療費問題も解決です。
じゃーなにするのよ、どーするのよ!と言っても。
思いつきません。
でも、本来は1人あたりいくらかばら撒いて総額2兆円使うより、考え方としては
こっちの方がありじゃないかと思うのです。


と、こんな話しで友人と盛上がりましたが、
オレ達も年取ったなー
政治や病気の話しをするようになっちまったよ。
とお互い笑いました。



今年もみなさんありがとうございました。
2009年も横浜空間は元気にがんばります!
よろしくお願いします!