勝手にロケ地 裏事情編2

みなさん、こんにちは。波平です。
梅雨らしい天気が続いていますが、いかがお過ごしですか?




火曜日の午後から1泊で箱根の強羅に行ってきました。
横浜から強羅まで車で約1時間30分。
1泊旅行にはちょうどいい距離です。


強羅エリアは「強羅花壇」をはじめ、有名旅館やホテルがいくつか
あります。


そこで、昨年末オープンしたハイアット・リージェンシー・箱根に
行ってきました。 http://hyattregencyhakone.com/



オープンして半年ということもありますが、値段・サービス・ファシリティー
バランスは○。


今後に期待大という感じです。








さて、今回は「勝手にロケ地」裏ネタ編 第2弾でいきます!http://location.yokohama-kukan.com/album.cgi


6月22日付 番外(爆発編)




これは、昨年の10月に宮古島に行った時に宿泊したホテルで撮影したものです。


主な目的は友人達とのゴルフ旅行+ダイビング。


このホテルの前にゴルフコースがあり、その先に海があるようなロケーションです。
ホテルは爆発した温泉施設の親会社ユニマットが運営だか所有しているということです。

そして、このホテルも一流リゾートホテル気取り。



まずは、到着して島一番の繁華街に行って、ソバを食べていると何やら雲行きが怪しく
なり、急いでホテルまで帰還。
そのうち、風が強く吹き出して、
「オイオイ、明日のゴルフ大丈夫かぃ?」


などと、宮古牛の鉄板焼きなんぞを食べながら、この時点ではまだ皆、余裕。



次の日は、目が覚めると外は、ほぼ台風!

「こりゃーゴルフどころじゃなく、外に出れないって!」


「しょうがないからスパでも行って、マッサージでもうけるか!」



とレセプションに連絡すると、まず、スパがない!



「お部屋にお伺いしてサービスをさせていただいております」

ときたもんだ!



「なんだよ、一流リゾートホテル並みの金額とってスパ施設もないのかよ!」


と、ゴルフもできないこともあって皆切れ気味。



「だいたい、最初のチェックインの時から、あの勘違いした気取った接客態度が気に障ってたんだ」


と文句が出始めたわけです。



「俺もそう思っていたよ!」



と別の友人も言い出すし・・・・・



確かにちょい高めなダイニングバーなんかによくある勘違い店員の接客態度に通じるものは、私も感じていました。


まあ、そんなかんやで2日目が終わり。



「明日こそゴルフがしたいな!」



とちょっとホテルのバーで飲んで、早めに寝たわけです。




そして、3日目。



外をみると、相変わらずの風+なにやら氷みたいな物も雨に混じって降っている始末。



それを見て、一同、唖然!!



「もう、帰ろうか?」と私が何気なくつぶやくと。


「帰ろ!帰ろ!」


そのまま、レセプションに行って、

「今日も宿泊って予定だったけど、帰りますから」

って伝えると、

一言「わっ わかりました」。



今から思うと、男3人、その時の形相は凄かったはずです。




帰りの飛行機の中では、天候の悪さも何もかも、このリゾートホテルが悪かったから
ということ結論に達し、

ユニマットってホテルのこと何ひとつわかってないだろ!」「だいたい、カッシーナ経営しててなんだ、あの家具は!」
「部屋の窓もひどかったなー、建売住宅だってあんなサッシないぜ」


と言いたい放題。



その後も最近のファッション雑誌のゴルフ特集なんかで、外国人のカップルなんかがその
ホテルのゴルフコースでプレーしている写真がよく載ってるわけです。


そんな写真をみるたびに、


「あんな部屋に1泊、一人5万円弱支払って、鉄板焼きだって1万5千円以上払って!」

といろいろ思い出していたわけです。




そして、あの渋谷の爆発事件!
そう言えば、ホテルには渋谷と六本木の温泉施設の割引券が置いてありました・・・・・。