統一地方選挙

みなさん、こんにちは。いかがお過ごしですか? 
波平です。

さて、いつもながら唐突ですが、、、私の朝は早い。
通常、7時前には会社に着いています。

そんな私よりもっと早くから大声だして働いている人々がいます。
それは、4月8日の横浜統一地方選挙に立候補を予定している人たちです。

毎朝、駅に立って。 本当にご苦労様です。
ちょっと聞いたら、駅に立つのも場所取りで候補者間の競争があって
「今日は4時30分に着きました」だって・・・・・

寒い中、駅に立って各立候補予定者達が自らの政治信条、政策などを
語っている訳です。
その横で応援している人々がのぼりを立てて、ビラを配っています。

しかし、朝の忙しい中。当然ながら、誰も話なんぞ聞いていません。
政治信条、政策の語りは建前。
本音は、「みんなに自分の名前を覚えてもらう。」
「寒さの中、朝早くからがんばってる私をみんなにみてもらう」

といったことでしょうか・・・・・。


そんなことを考えている訳ですが、実は横浜空間の当オフィスの周りは
議員事務所ばかり。「自民党」「公明党」「民主党」 主だった政党の
市議会議員、県会議員、衆議院議員の事務所があるわけですから、、、、
まるで、「議員事務所銀座」です。
当オフィスの前は某民主党市議会議員の事務所。
隣は某自民党議員の事務所。

民主党議員の事務所は朝から駅での演説で忙しそうです。
それに比べて隣の自民党議員の事務所はひっそりと閉まったままです。
この自民党の某現職K横浜市議会議員。私から見ると相当勝負してます。

まず、容姿が、いかつい。(元総理大臣の橋本龍太郎ばりの髪型)
いつもポケットに手を入れ。肩で風を切って歩いている感じ。
おおよそ、腰が低い感じがしない。
いわゆる、いまどきの政治家っぽくないわけです。
そして、その議員秘書の話によると「反中田」と平然と言ってるらしいのです。
横浜市長中田氏はテレビにも出まくっているほど人気があるみたいです。
そんな中田市長に平然とたて突いている議員はいないらしい。
その上、朝の街頭での演説をまったくやっていないらしい。
理由は、「政治家がパフォーマンスに走ってどうする!」
「政治家としての本業の実績で勝負する」
ってことらしいのです。

よって、この自民党議員。毎回選挙はギリギリで当選。
今回は、選挙区である旭区の議員数が1名減るらしくて、周りの人間は相当
あせっているらしいのです。


私が見る限り、本人はいたって平気。
「そんなことオレに関係あるかいっ」って感じに歩いています。


そんな姿を見るにつけ私は変に納得というか男を感じてしまいます。
4月の選挙ではどうなるのか?
今からひそかに楽しみにしています。