ドローン

以前にブログでご紹介しました僕の愛機の「Tello」DJI社から発売されているトイドローンですが、小さなサイズからは想像ができないほど安定した飛行性能が人気の小型ドローン。
ドローンを利用すれば例えば敷地の面積が大きい不動産などの航空写真を手軽に撮影できるので、今まで僕の担当した物件のチラシ作成にも活躍してくれた相棒でした。。。でした。。。でした。。でした。

忘れもしない、2020年8月中旬 137坪もある山の売却を相談された僕は、Telloを持って売却物件の山に向かいました。

いつもどおり、周囲の安全を確認し右ヨシ、左ヨシ、上空ヨシ、離陸!
順調に2m、3m、4m、5mと上空に浮かんでいきます。丁度、7m位まで上昇したところで機体を旋回しカメラアングルを調整しようとした瞬間です。
突風が吹き機体が流されはじめました。慌てて、機体を戻そうと操作したのですが、たった80gに満たないTelloの小さな機体では全く歯が立たずそのまま、風に流され100m程先の木の枝に引っかかってしまいました。
林道なども整備されていない山の高い木に引っかかってしまった機体は当然回収することもできずに、そのまま帰らぬ物となってしまったのです。

辛い別れから、約半年。自由に空を飛ぶドローンへの思いは覚める事がなく満を辞して、新たな機体を手に入れました。

今回、僕の愛機となったのは「 Mavic mini」1世代古いモデルですが、GPSと3Dジンバルを搭載した本機はGPSによって、自動で機体を帰還する事ができ、3Dジンバルによってより安定した動画撮影が可能なモデルです。
つい先日早速、物件の撮影を行いましが、1200万画素の写真は驚くほど鮮明に撮影ができ風速8mまで耐えうる耐風性も兼ね備えているため安心して撮影ができました。

DCIM\100MEDIA\DJI_0079.JPG


僕が子供の頃は市販ではラジコンカー位しか売っておらず、ヘリコプターや飛行機のラジコンなんてスネ夫くらいしか持っていなかったのに、本当に凄い時代になりました。


我が家では僕の影響で、小学生の子供たちも、サンタさんにもらった小さなトイドローンを部屋中で飛ばしまくってますwww

横浜空間ではドローンを使った物件紹介も行っています。