頑張れベイスターズ

球団創設5周年の時には神奈川県内の小学校、幼稚園、保育園などに通う子どもたちにキャップをプレゼントしたベイスターズ。

球団創設5周年のキャップ

球団創設10周年目の今年は、同じく神奈川県の小学校などに通う子どもたちにギフトバック(ナップサック・フェイスカバー・ミニタオル)をプレゼントしてくれました。

球団創設10周年のギフトバック

そして毎年、中学生以下の子どもとその保護者のペア1組2名を招待してくれる「神奈川県こどもデー」を実施しています。ファン獲得の為に頑張ってくれています。

神奈川県こどもデー

先日、その「こどもデー」のチケットを使い、小学2年生になった長男と二人で横浜スタジアムに行ってきました。

昨シーズンは行けなかったので、1年以上ぶりの横浜スタジアム。
野球少年だった僕にとって、横浜スタジアムは小学生のときから特別な場所です
今も、「横浜スタジアムに行く」というだけでワクワクしてしまいます。

観戦をする時は、できる限り早めに到着するようにして、練習から見る派です。 陽が落ちる前のスタジアムの雰囲気も大好きです。

試合が始まる前のこの時間のスタジアム、好きです。

長男は今回で3回目の野球観戦。
初めて行ったのは3歳の時で、まだルールもわかっていませんでしたが、
最近は友達と野球や野球盤をして遊んでいるそうで、ルールもわかってきました。

この日はベイスターズは負けてしまいましたが、
コロナ禍で色々と出かけることもできない状況だったので、
試合の結果は関係なく横浜スタジアムに行けただけでとても喜んでいました。

ファン獲得の種まきは成功しているベイスターズ。
そのファンを育てるには、やはり「試合に勝つ」ことでしょうか。。

頑張れ、ベイスターズ!