小さな幸せを噛みしめる

こんにちは。

9months野球(観戦)部部長のecbです。

名誉会長BOSSとの観戦が毎月予定されており

ベイスターズの応援にも熱が入ります。

98年優勝記念CDをラックから引っ張り出してきて

聞いてみましたが、ちょっとキツかったです笑



部員のU8氏、最近部活を欠席しがちですが

このままだと、そろそろお母さんに連絡いれますよ。

キチンと参加するようにして下さい。


そんなU8氏に時々怒られることがあります。

それはポテトチップスのことです。

プロ野球チップスを買ってしまうんです。

ガマンできないんです。


U8氏は言います。

「同じサイズのポテチだけなら半額くらいですよ」

「カードがついてるだけであの値段は無駄」


いいんです。


カードが欲しいんです。

ベイスターズの選手のカードが。


そんな私の手元にラッキーカードがきました。

しかもドラ1東と共に。

日々のなかでのちょっとした幸せです。


ちょっとした幸せといえば

美味しいごはん。

はい、とんかつの話です。


竹ノ内所長と出かけた

目黒「とんき」


大箱の鮨屋のような

美しい白木のカウンター


客席の倍くらいありそうな広い調理場を

眺めていれば

順番待ちの時間も苦になりません。



店に入って注文さえすれば

どこに座ってようが立ってようが

注文の担当さんが間違いなく順番通りに

案内してくれます。


これすごい

プロの技ですね


正直に言うと

ここより美味しいトンカツ屋はあると思います

でも、ここにしかないものがたくさんあり過ぎる。


雰囲気であったり、接客であったり

だからこそ行列の絶えないお店なんでしょう。

また行きたいお店です。



もう1軒。

蔵前「すぎ田」

こちらも磨きがかかった白木のカウンターと

ピッカピカの銅鍋。

やっぱり食事処は何屋であっても

清潔感って大事ですよね。

特に揚げ物のお店ならなおさらです。


2人で行って

ロースとヒレのシェアしました

どっちも甲乙つけがたい。



ロース。君は美しい。。。


固いのとは違う、肉らしい噛みごたえと

ジワリと滲みでる豚の脂。

う、うまい。

普段は塩としょうゆとソースで3つの味を楽しむのですが

こちらのトンカツはそのまま何もつけないのが

一番おいしく感じました。


常連のお客さんと店主の会話が耳に入ってきました。

「うちは町の普通のとんかつ屋なんで、
行列とかされちゃうとホントに申し訳ないですよ。」

いやいやご謙遜を。

普通じゃないですよ。

とんでもないですよ。



蔵前は珈琲ショップも点在して

なかなか面白いので

今度は竹ノ内所長を誘ってまた訪れたいと思います。



9months Co.:http://www.9months.jp

横浜空間:http://www.yokohama-kukan.com

東横空間:http://toyoko-kukan.com/