わたし、ネコ派です。

yokohama-kukan2014-03-11

犬派の★くん

猫派のGTOさん

ハイブリッド?派のBOSS


3回連続してペットの話題が続いた9monthsブログ。

わたし、ecbも乗りましょう、


このBIG WAVEに!!


昔は犬が好きだったんですが

知り合いの家に初めてお邪魔した時

そこのネコがスリスリしてきて、とてもなついてくれました。


飼い主が

「お客さんがくるとベッドの奥に隠れて、帰るまで出てこないのに

 最初からこんなに懐かれるなんてすごいね!」


なんて言うもんだから

もうすっかりその気になって、その日からネコ派ですよ。




うん、好きですよネコ。




うん。



あれ?話がふくらまないな。。。。。



ペットの話題、無理があるな。。。。




だって飼ったことないんだもん。



生まれてこの方、ペットを飼ったことがない。。。



覚えているのは

お祭りですくってきた金魚と

山で捕まえたクワガタとカブトムシだけです。


このBIG WAVEに乗る!!

と意気込みましたが、ワイプアウトです。





というわけで、今回も我が道を行きます!


さて、こそこそ通ったコーヒースクールも最終回


いよいよエスプレッソマシーンの講習です。


今回は講師2名に生徒4名という

どっかの英語塾のような

マンツーマンに近い講習となりました。


カフェなどで

エスプレッソを淹れているところって、見えにくいですよね。

たいてい大きなマシーンの向こう側で何やらガタガタやっていて



音だけは

ビィイイイーン


とか


ガンガンガン!


とか


ショバァアアアー!


とか


チリチリチリシュボボボー


とか


聞こえてきますよね。


その音なんなのよ?

講習を受けたらわかりました。


最初にビーンズをグラインダーで砂のように細かくさらさらに挽きます。

この挽く音がビィイイイーンですね。

今回はこの工程はパス。

すでに砂のようになった粉を

パウダーホルダーに詰めます。



で、マシーンにセットして


抽出

22秒ジャストで抽出できたものをベストショットと呼ぶそうです


お店でベストショットでおつくりしました!と言われたときは


ブラーヴォ!

と讃えましょう。


抽出が終わった粉を捨てる時の音が

ガンガンガン!の正体。


そのエスプレッソの濃い〜状態のものを

お湯で割れば


カフェアメリカーノ

コーヒーの味がわかりやすいので私はこれが好きです。



温めたミルクで割れば

おなじみのラテ


さらにミルクフォーム(泡)をのせれば

カプチーノです。


人生初の自作エスプレッソ。

左がカプチーノ。右がラテ。



ショバァアアアアーは

スチーマーの水抜きの音ですね。



あの、チリチリチリシュボボボーの正体は

ミルクを温めてる音。

スチームをミルクに当てて

温めながら泡を作っていきます

キレイな泡をつくるのはテクがいります



一度温まったミルクは泡の作り直しができません

温度管理をキチンとするため

お店のミルクジャグには温度計がついてますもんね



ミルクを注ぐときにうまく流し込むと

葉っぱやハートが書けます。(プロは)


そう、ラテアート。


サササッと絵を書いてくれたりする

バリスタがいますが


簡単そうに見えて

ものすごい難しいですよ。


まず、絵心がないとダメ

その上でさらに技術ですから。


今回はミルクフォームの上にチョコレートシロップを落として

楊枝で絵を書きました。


棒人間を書こうと思ったのですが

TBSのロゴみたいになっちゃいました。

難しいんですよ。これも。




横浜でラテアートといったら

こちらのカフェでしょう


Cafe Elliott Avenue | カフェ エリオット アベニュー | 横浜 山下公園 カフェ (元町・中華街)


目の前でミルクを注ぐだけで

どんどん模様になって行く様は

さながらマジックのようです


溢れでるギリギリでピターッと止めるのも

みどころです。

滑らかなきめ細かいミルクの泡と

後味すっきりのエスプレッソのハーモニーを

存分にお楽しみください。



フレンドリーなお二人が迎えてくれます。
(実はすごいお二人らしいです)



次回は普段コーヒーを飲まない人でも

これはなんか違うね!

と解るカフェを紹介したいと思います。




カフェのようなリビングにリフォームしたい!

ご相談ください。



9months Co.:http://www.9months.jp

横浜空間:http://www.yokohama-kukan.com

東横空間:http://toyoko-kukan.com/

設えの美学 http://dressingroom.asia