心構えは大事

暑かったり、涼しかったり、雨が降ったり。

いかがお過ごしでしょうか?

最近、自宅でTully'sの

水出しアイスコーヒーを作っては楽しんでいます。

ecbです。



さて、ある日の帰宅時のことです。

蒸し暑い夜、家までもうすぐのところを歩いていました。


前方で犬の散歩中らしき女性が立っていました。

連れているのは大型犬

どうやら犬が動かなくなってしまった様子。

「ほら、行くよ!」とか言いながらリードを引っ張っています。

犬は私にお尻を向けていて

私のことに気づいていません。



犬の横を通り過ぎようとしたとき

突如、犬が吠えながら飛び掛かってきました。


飼い主は全く抑えることができません。


強烈な頭突きの一撃が股間に。。。


とっさに腿を上げたので

直撃は避けられましたが

ズボンの腿の部分はよだれでべったりです。


もし犬が「咬む」という行為に出ていたら...

そう考えるとあとから恐ろしくなりました。


だって、狙われたの「急所」ですよ。。。


確かに、暑さとあと少しで自宅ということで気も緩んでいました。

しかし、男子たるもの一歩外に出たら

油断してはいけないのです。

常に辺りに注意して

とっさに対応できなければいけません


街には危険がいっぱいです。

向こうからくる男に刃物を出されたら?
後ろから来る車が居眠りで突っ込んできたら?
この瞬間に大地震が起きたら?


常に想定して歩いていれば

即座に対応できると思います。


なかでもみなさんが一番よく考えているのは

今、ゾンビに襲われたらどうするべきか。

ではないでしょうか?


そんなあなたへ

これだけは見ておいて欲しいゾンビ映画をご紹介します。


1.ナイト・オブ・ザ・リビングデッド

ゾンビ映画の元祖です。


生きた人間を襲う、噛まれるとゾンビになる、動きがのろいという

ゾンビの基本はこの映画で決定付られています。

一番怖いのは人間というテーマも感じられる必見の作品です。



2.ゾンビ(ドーン・オブ・ザ・デッド

一般的にゾンビといえばこの映画ではないでしょうか

子供のころに見たジャケットの写真がトラウマの人も多いのでは?

ゾンビに襲われたらショッピングセンターに逃げこめ

という定説はここからきています。


3.ショーン・オブ・ザ・デッド

イギリスでゾンビパニックが起こったらという

コメディタッチのゾンビ映画です。


愛する人や隣人がゾンビになってしまったら

どうすればいいのか。

ぜひ参考にしてください。



4.ウォーキングデッド

こちらは映画ではなく、話題のテレビシリーズです。

人間ドラマを話の中心に据えたゾンビもの。

友情と信頼。その裏切り

自分がもうだめだと思った時の人間の行動こそ、

『ゾンビ』を超える恐怖となるのです。

このドラマでも一番怖いのは追い詰められた人間だと考えさせられます。



5.ワールド・ウォーZ

こちらはこの夏公開の最新映画

ブラピが製作・主演を務める大作です。

先月、バンコクに行ったときもポスターがいっぱいでした。

私は原作の小説を読みましたが

映画も大変楽しみにしています。




ゾンビの魅力は

「遅いが確実にくる」

「逃げ場のない絶望感と閉塞感」

「追い詰められた人達の間に起こる軋轢」


最近のものはそこに圧倒的な数やスピード感も

加わりますからたまりません。

良く冷えた真夏の部屋でゾンビ映画を楽しんでみませんか。


9months Co.:http://www.9months.jp

横浜空間:http://www.yokohama-kukan.com

東横空間:http://toyoko-kukan.com/