クマのプーさん展

こんにちは、GTOです。

少し前ですが、渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開催されていた「クマのプーさん展」に行ってきました。

 

f:id:yokohama-kukan:20190601164154j:image


公式HPによると、イギリスのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館が所蔵している原画やコレクションを中心に企画された巡回展で、2018年にロンドンからスタートし、次にアメリカを巡回し、2019年2月から日本開催となっています。

 

今回はディズニープーではなく、原作の「クマのプーさん」に基づいた展示会だったので鉛筆で描かれた大変貴重な原画が多数展示されていました。

 

f:id:yokohama-kukan:20190601164303j:image

 

f:id:yokohama-kukan:20190601164857j:image

 

f:id:yokohama-kukan:20190601164909j:image

 

f:id:yokohama-kukan:20190601164313j:image

個人的に100エーカーの森のイラストが一番お気に入り。

鉛筆で描かれているせいか、とても柔らかい感じがして好みです。

 

f:id:yokohama-kukan:20190601164340j:image

 

f:id:yokohama-kukan:20190601164445j:image

このように、写真撮影もOKな場所が多く

 

f:id:yokohama-kukan:20190601164459j:image
かわいいフォトスポット等もあり、ゆるりとした気分でゆっくり時間をかけて見ることができました。

 


このようなプーさんの原画企画展は40年ぶりとのこと。

博物館では保存期間を伸ばすため、2年公開すると10年は非公開にするルールがあり、次に表に出てくるのは最低10年後だそうです。

もしかしたら、また40年後かもしれないです。

そうなると、自分が目にできるのはもう2度とないかもしれないという思いで観てきました。

 

 

 

 

f:id:yokohama-kukan:20190601164526j:image
渋谷での開催は終了してしまいましたが、6/30までは大阪で開催されているようです。

 

 

横浜空間:http://www.yokohama-kukan.com