ボヘミアンラプソディー

こんにちは、不動産部の hoshiです。

 

話題のクィーンの映画「ボヘミアンラプソディー」!
いやーすごいですね。

興行収入100億円突破したみたいですね。

f:id:yokohama-kukan:20190128165730p:plain

 

 

応援上映」や「極上音響上映」で複数回見に行く方多く、
また、SNSでクイーンファン以外の支持層が増えたのも要因のようです。

ネタバレ注意ですが、あの名曲の誕生秘話だったり、
伝説のライヴ・エイドのシーンや、コールアンドレスポンスの「エーオ!」のシーンなどなど。

 

やばい!!

 

早く見に行かないと上映終了しますよ!


って私。
まだ見ていないのです。

 

上映開始前に告知ムービーをYouTubeで見て、
そのままYouTubeライヴ・エイド見て、
今に至ります。

 

 

実は、

ボヘミアンラプソディーの上映開始と同時期に、
ハイスタンダードのドキュメンタリー映画が上映開始したんです!
フレディを差し置いてハイスタを見に行きました。

 


「SOUNDS LIKE SHIT」

f:id:yokohama-kukan:20190204114559j:plain


ハイスタの結成から活動休止時期を経て現在に至るまでを
メンバー3人が、本人の言葉で語られおり、
涙なしでは見られませんでした。

 

音楽は記憶と結びつくとよく言いますが、
当時の自分の思い出もフラッシュバックしてきましたね。


とにかく、自分たちがカッコいいと思うことを追求する姿勢や、
バンドや人生に対する美学を貫く姿に感動です。

 

 

上映後、活動休止前2000年に開催された「AIR JAM 2000」の
DVDをAmazonでポチりました。

f:id:yokohama-kukan:20190204114628j:plain


ちなみに、「AIR JAM 」とは、ハイスタ主催のフェスで、
「フェス」という言葉もない1997年にスタート。
フジロックも1997年スタートなので同時期ですね。

 

フジロックが苗場スキー場の大自然のなかでライブをやるのに対して、
エアジャムは都市型フェスト呼ばれ、千葉マリンスタジアムでよく開催されていました。


そうそう。
マリンスタジアムと言えば、サマソニですね。

なんと今年で20周年!
と、言うことは「AIR JAM 2000」後から、サマソニが始まったんです。

今年は邦楽アーティスト初のトリを任された
B'Zが話題になっていますね。

 

個人的にはレッチリランシド、ベイビーメタルですね。

f:id:yokohama-kukan:20190204114026j:plain



話は変わりますが、
今の時代はネットさえ繋がっていれば、
曲をダウンロードできたり、YouTubeでライブ映像みたりと、
CDやDVDはAmazonでポチれば翌日には自宅に届きます。

 

 

先日、家からデモテープが出てきました。
レアもんです。

f:id:yokohama-kukan:20190204114810j:plain

ピンクリボン軍というバンドのデモです。

f:id:yokohama-kukan:20190204114834j:plain

f:id:yokohama-kukan:20190204114849j:plain
このデモテープはライブハウスでしか、
買えなかったなー。

 

 

なんでもラクに手に入る時代だからこそ、
アナログ時代の思いが、懐かしく、大切にしなければ。
と思いました。

 

 

9months Co.:http://www.9months.jp

横浜空間:http://www.yokohama-kukan.com

東横空間:http://toyoko-kukan.com/

設えの美学 http://dressingroom.asia