みなさんこんにちは。
Hoshiです。


すっかり秋めいてきましたね。
衣替えは終わりましたか?



飲みものも、冷たい飲みものから、あたたかい飲み物へ。



ということで、先日、空間珈琲部の部長と
コーヒーを飲みに行ってきました。





“サードウェーブ”



ざっくりいうと、一杯ずつ丁寧に淹れるスタイル。



色々なお店でコーヒーを飲んで思ったことが、
豆のセレクト、焙煎、ブレンド、メニュー、店舗デザインなどなど、
各店舗の特徴が様々で、


なんか、


“茶道”のおもてなしの心を感じました。



茶道といえば、千利休の名前が浮かぶと思います。


そう、あの無駄をとことん排除したシンプルなデザインが特徴の。



グーグル先生に聞いてみると、
“不足の美”“侘び”“引き算の美学”などのワードが出てきます。




先日訪れた表参道にある“LATEST”というカフェが、
まさに千利休がデザインしたのかと思うほど、
シンプルでカッコよかったんですよねー。


不動産業者目線で言うと、
賃料発生日から最短で営業できた店舗という表現でしょうか。



空間スタッフ目線で言うと、
横浜空間の事務所が入っているビル
“WAREHOUSE161”の名の通り、WAREHOUSE Styleなのでしょうか。


とにかく、引き算しまくり。


床はスラブのまま、壁もコンクリートにペンキ、
配線関係はもちろん鉄管で天井むき出し。


ベンチは90ミリ角の角材をまとめただけ。
そのほかの家具はアンティーク調。

 

メニューもサイドメニューはほぼ無く、
コーヒーに絞る引き算っぷり。




うん。潔い。




また、このお店の近くにある“OMOTESANDO KOFFEE”も面白く、
日本家屋の古民家の中にある、
2×2mのキューブが、
茶室を思わせるデザインになっています。

趣のある日本家屋



2×2mのキューブ


茶の湯から茶道になったように、
コーヒーにも“道”がつく日が来るかも。。。
なんて思いながら珈琲を飲んでいました。

むしろ、“道”を意識してドリップしている方もいるかもしれませんね。


美味しい珈琲が飲めるお部屋お探しします。


9months Co.:http://www.9months.jp

横浜空間:http://www.yokohama-kukan.com

東横空間:http://toyoko-kukan.com/

設えの美学 http://dressingroom.asia

仲介手数料について:http://www.yokohama-kukan.com/commission/index.html