書いてますか。

みんな書道してるかい!

hoshiのブログの順番が回ってきたぜ!

今回は俺に影響を与えた偉大な書家達を紹介するぜ!



カッコよく言いたいところだけど、

俺はプロの書家じゃないから、俺の人生には何の影響もねーぜ!

今日は俺の好きな書家達を紹介するよ〜!


Wang Xizhi(オウ・ギシ)

中国東晋の書家。
芸術としての書の地位を確立した「書聖」と称される書家。
日本では奈良時代から手本にされており、
俺も今、彼が書いた書道史上最も有名な作品「蘭亭序」を臨書してるぜ。
残念ながら彼の「蘭亭序」の真跡は現存しないので
虞世南が書いた「蘭亭序」を手本にしてるぜー。

政治家としても活躍したという
書家らしからぬエリートな経歴にも驚きだぜ!




Yán Zhēn qīng(ガン・シンケイ)


中国唐時代の書家。
学者、能書家を輩出した名家出身のサラブレット。
先ほど、紹介した「王羲之」の書にケンカを売って
丸みを帯びた穏やかな書体の「蔵峰」という技法を確立したスゴイ人。
彼も政治家としも活躍しており、
とにかく真面目なやつだったぜ。




Ou-yang Xun(オウ・ヨウジョン)

中国唐時代の書家。
先ほど、紹介した「王羲之」の書法を学び、
楷書の模範を作った「初唐の三大家」かつ「楷書の四大家」の一人らしい。
代表作は「九成宮醴泉銘」で、日本では昭和時代から小中学校の教科書にのったぜ。
王羲之の楷書に隷法をリミックスした書体が特徴というが、
俺には違いがよくわからねーぜ!




空海(KuKai)

日本の書家では平安時代初期の僧をランクイン。
弘法大師としても知られる真言宗の開祖で、
歴史の教科書で学んだ中学時代の俺はとてもしびれたぜ!
もちろん今でもな。
王羲之顔真卿の書法を学び、日本の書道史では三筆と尊称されているぜ。



本阿弥光悦(Honami Kouetsu)

江戸時代初期の書家。
本業は刀剣の鑑定・研磨なので、書家としてのランクインはどうかと迷ったが、
以前、上野で開催された琳派展でみた「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」に
感動したのでランクインしといた。
書だけではなく、工芸家、画家、出版者、作庭師、能面打など
ジャンルを越えて活躍。

漫画の「バガボンド」「へうげもの」にも登場する日本最初のハイパーマルチクリエイター。




ということで、

今回は私の好きな書家を挙げてみました。

おわり。


9months Co.:http://www.9months.jp

横浜空間:http://www.yokohama-kukan.com

東横空間:http://toyoko-kukan.com/

設えの美学 http://dressingroom.asia

仲介手数料について:http://www.yokohama-kukan.com/commission/index.html