逆から書いても 清家清

竹ノ内先生のブログのオープンな間取り!!
大好きです!!hoshiです!!

僕はとにかく壁とドアが苦手ですね。。。
ルンバ大活躍でしょ!!

持ってねーけど。。。。



学生の頃に松下電工 汐留ミュージアム
「建築家 清家清展」に行き衝撃を受けたのを今でも覚えています。
清家清の代表作の「私の家」の原寸大の模型、図面を見てからワンルームのトリコになったと思いますね。
はい。

とにかくはんぱない!!
ずっとやべぇ〜って言いながら見てました。



「私の家」が建てられたのは1954年。
当時の日本住宅の主流は壁をつくり、部屋の数をふやせるか。
一つ一つの部屋が小さくても2LDKや3DKに無理やりするみたいな。
そんな流れが主流だったころに、ワンルームにこだわった建築家だったみたいですね。

「私の家」の特徴は何と言っても仕切りがない!!

床に段差がない!!

トイレにドアがない!!

・・・さすがにトイレにドアは欲しいところ笑

はんぱねー。




僕が一番好きだったのは移動式の畳ですね。
畳が移動するんです。

やばい。

まず、リビングが土間になっていて、庭とフラットに繋がっているんですね。
つまり、天気の良い日とかはこの移動式畳を庭にだせちゃう。
庭がリビングになっちゃう。

もちろん布団をひけば寝室になっちゃう。
ちゃぶ台おけばダイニングになっちゃう。
もちろんウノもできちゃう。


やばい。

かっこよすぎ。

海外だとコルビジェサヴォア邸とかですかね。

ドミノシステムという柱とスラブだけで建物を支えているんですね。
壁のないひろーい空間を作ることができますね。

死ぬ前に一回行きたいですね。



ということで、パリ郊外のワンルームよりだいぶ近い、
ヤマトのワンルームっぽいところに住むことにしました。

先日我が師匠のu8氏のお世話になりIKEAに行っていきました。
90パッケージ570kg!!

はんぱねー。
コツコツ組立てます。。。
「ワタシノイエ」の完成はもう少しかかりそうです。



横浜空間ではリノベーションのご相談も承っております。
お気軽にご相談ください。


9months Co.:http://www.9months.jp

横浜空間:http://www.yokohama-kukan.com

東横空間:http://toyoko-kukan.com/

仲介手数料について:http://www.yokohama-kukan.com/commission/index.html