外アソビ大好き

こんにちは。
外アソビ大好きなk-$kです。


5月も残ることをあと3日。 僕のニガテな梅雨の時期が始まりそうです。
例年ですと、そろそろ 外アソビの準備を始めるのですが、今年はGWから
外アソビを楽しんで来ました。



5月某日 GW初日
夜中にゴソゴソと準備を始めます。
この時間が一番ワクワクする時です。




せっかく行くのだからあれも持っていこう、これも持っていこうと
なるワケです。 3日分の準備をしたら民族大移動的な荷物の
量になってしまいました。




さあ、ここからのパッキングが超重要。現地に付いてからの設営を
スムーズに行う為に、使う順序などを考えながら車に収めて行きます。
下の段には、2バーナーや、スキリット・ダッチオーブンなどの
キッチン用品、ペグ、燃料を詰め込みます。

以前DIYで行った 現場カー化 がここで役に立つワケです。




その上に、小物が入った木箱やテント、シート、ランタンなどテトリス
要領で収めていきます。




ルーフキャリアとヒッチカーゴには、濡れてもよいものと
大型の荷物を積み込み、ロープでしっかりと固定。 目的地である
成田ゆめ牧場までの道中、荷崩れなどしないよう十分に固定します。

ヒッチに付いているカーゴは250kgまでOKです。




無事にキャンプ場に到着。

フィールドはなんと東京ドーム7個分もの広さ!




早速設営に取り掛かったのですが、設営日当日はまさかの強風。
なんと風速10m! そこら中でテントやタープが飛ばされるている中
万が一のために用意しておいた予備のペグと普段の2倍のガイロープを
使用しなんとか設営完了。

以前DIYで作った も大活躍です。



強風により作業が捗らず時間を喰ってしまい、設営後はすぐに食事の準備に
取り掛かります。 今回は、グルキャンだったため、水道がある管理棟付近
からは離れた場所に陣を取ったので、水汲みも一苦労デス。




料理を作るのもキャンプの醍醐味。そのため、地形に合わせて
使いやすいように、キッチンなどのレイアウトを考えます。
部屋の模様替えで結構楽しいです。

ランタンスタンドは以前DIYで作った トライポッド を使用。


キャンプ飯の準備。
まずは、ローストビーフ作りに取り掛かります。
ブロック肉を、炭火で表面を焼き上げます。




その間ホワイトガソリンのツーバーナーでお湯を
沸かしながらご飯を炊きます。




そーこーしているウチにあっという間に夜。
楽しい時間な深夜まで続きます。




翌日は風も収まりサイコーのキャンプ日和。




珈琲を飲みながらダラダラしたり、




ブッシュクラフトを楽しんだり。




自前の野外シアターを楽しんだり




とても楽しい外アソビでした。
次は、川原でのキャンプを予定してます!
あ〜たのしみだなぁ〜〜。




現在 横浜空間では、手軽に外アソビやグランピング気分を味わえる
一戸建て住宅をご紹介しています。




アウトドア好きな方は是非、御覧ください。
横浜空間的森の過ごした