卒業旅行

yokohama-kukan2018-03-03

昨日から3月に入り徐々に春を感じることの出来る
季節になってきました。 
皆様いかがお過ごしでしょうかk-$kです。




我が家では「卒業旅行」というイベントがあります。(始めました。)

これは、僕や妹が父とやっていたイベントで、幼稚園(保育園)卒業、
小学校卒業、中学校卒業などの節目に、自分の行きたい場所の
リクエストをして父親と2人きりで旅行に行くというものです。


少し照れくさいイベントではありますが、普段、二人きりで話す機会も
少ないので、今でも良い思い出になっています。




そんな事もあり、我が家でも「卒業旅行」に行ってきました。
今回は、私の長男が保育園卒業の歳なので、初の卒業旅行に何処に
行きたいか尋ねると
「見たことのないくらい雪が降っている所」
という、リクエストでした。


雪となると、卒業の3月後半まで待っていると、雪が溶けてしまうため
時期をずらして、2月中旬にお休みを頂いて新潟に行くことに。



今回の、目的は2つ。
1.普段、なかなか聞いてあげられない、保育園のお話など、沢山の
  お話を聞く。

2.折角、新潟まで行くのだから少しでもスノーボード
滑れるようになる。



この2つのミッションをクリアすべく、火曜の夜 仕事から帰ると
直ぐに車に乗り込み、小さな相棒を連れて関越自動車道
練馬インターに向かいました。





夜の第三京浜を抜けて、渋滞気味の環八、車内では仲良く
手を繋いで、出だしは好調。



この日の為に、色々と話題を用意した僕は、まず手始めに保育園で
楽しかった事を聞くことに。

K-$k
「保育園はどーだった楽しかった?」
子供
「うん 凄く楽しいよ。 特に 太郎(仮名)くんと良く遊ぶんだよ」


K-$k
「そっかー 太郎(仮名)くんと仲良しなんだね。」
子供
「うん いつも一緒にあそんでいるよ。 でも今度
 太郎(仮名)くんお引っ越しするんだって」


K-$k
「お引っ越しするんだ、いいねえ、きっと太郎(仮名)も
 新しいお家楽しみだろうね。」


子供
「うん 楽しみだって言ってたよ。でもね お家のお引っ越しと
 一緒に太郎(仮名)のパパともバイバイするんだって♪ 」



K-$k
「・・・・・・・・・・・・・・」
「ヘーソーナンダ タイヘンダネ」




というトリッキーな話題も飛び出しながら約4時間。
子供はすっかり寝てしまっていましたが、無事
上越国際スキー場に到着。






仮眠を取り翌朝の天候は晴天。
風もなくウェアーの下は半袖で良いくらい。





午前中子供をキッズスクールに入れたのですが、コレが大正解。
ほぼマンツーマンで教えて頂いたせいか、本人も楽しくなってきた様子で
昼食も食べずに約8時間以上も滑りっぱなしでした。





初めてのスノーボードという事もあり、不安も有りましたが
そこは流石子供。 若いだけあって飲み込みも早く、ナイターを
すべる頃には何となくですが、それなりに滑れるようになっていました。



来年は次男の卒業旅行があります。
いまから何処に行こうか楽しみなんです。



 横浜空間
スノーボードやサーフィンなど趣味に生きる男の部屋
あります。