トライポッド

4月に入り、ようやく暖かくなってきて
春らしくなってきました。

新年度、新学期、新生活、新入社員と、
色々な「新」が始まる4月。
何か新しい事を始めるにはピッタリのタイミング
ではないでしょうか。


という事で今回は新しくDIYしたアウトドア用品を
紹介したいと思います。


今回ご紹介するのは『トライポッド』
映画好きな方はSF映画の「宇宙戦争」をイメージされるかと
思いますが、そーです。 あの三本足のヤツです。



アウトドアではファイヤースタンド(焚き火台)と組み合わせて
ダッヂオーブンやケトルやクッカーを下げたりします。
吊り下げる高さを調整する事で、より効果的に火力調整を行うことが
できるんです。 


調理以外にも、日が落ち暗くなった際に、キャンドルやランタンを
ぶら下げて使用します。



今回はこれを自作したいと考えました。
まずは、足。

本来は丈夫な金属製のものが良いのですが、加工が大変なのと、
持ち運びの際の重さが気になるので、材木を加工する事にします。


いつもながらホームセンターにて材料の調達。

<材料>
木製丸棒 3本
蝶ナット 3個
デンデンボルト 4本


丁度よいサイズの、木製丸棒が売っていたので、此れを購入。
たしか1本 500円程だったかと思います。



デンデンボルトは別称 蝶番ボルトやスイングボルトと呼ばれ
ヒンジの替わりに使われていたのですが最近はメッキリ使われなく
なってしまいました。



蝶ナットは、比較的馴染みのあるナットで、工具を使用しなくとも
手で緩めたり締めたりができるナットです。



丸棒の先は鉛筆削りの容量で簡単に削っておきます。



次に丸棒3本に約90mmの穴を開けるのですが、この際
3本とも同じ場所に穴を開けるのではなく、間隔を80mmずつ
ずらして明けることがポイントとなります。
この80mmというのは、デンデンボルトの太さに合わせてあります。


そしてこれらのボルト&ナットを此のように組み合わせます。
この際、あまりキツく締め過ぎてしまうと、開閉が窮屈になってしまうので、
各々のボルトがスムーズに動くくらい遊びが有っても良いと思います。


最後にボルトを丸棒に通して完成となります。
上から見るとこんな感じです。



試しにバルコニーでランタンを吊るしてみましたが
イイ感じに出来上がりました。
今年のキャンプに持っていくのが楽しみです。


※丸棒の下部にも穴を空ければ強風時にも張縄を
 使ってペグダウンする事もできます。




キャンプ用品もラクラク収納可能なマンションあります。
9months Co.:http://www.9months.jp
横浜空間:http://www.yokohama-kukan.com