DIY 水道を引く

yokohama-kukan2014-09-16

皆さんこんにちは横浜空間の “わくわくさん” こと
K-$kです。

今回はDIYで水道を引いてみましたよ。


いや〜長かった。構想3年。
前々からやりたかった「バルコニー水道引き込み作戦」を
夏休み中に実施したのでご紹介しま〜す。


・ バルコニーの植栽の水やりに、
・ 夏場のプール用に、
・ バルコニーBBQの後片付けに、
ビオトープのメンテナンス用に、


今まではこれ全部、
台所から水を運んでいたんですよ。
これがスゲーたいへん。 億劫たらありゃしない。


「バルコニーに水道があればな〜」って思ったのがきっかけで、
色々と構想を練っていました。


まずは、こんな感じのドボドボシャワー風がイイかなと。

映画「ハートブルー」でキアヌ・リーブス演じる主人公リタが
シャワーを浴びている時にローカルサーファーに絡まれるシーンで
写っていた公営シャワーのような無骨な感じ。




次に、肝心の水道管の取り出しが問題だった。

宅建設時に撮影した大量の写真の中から、水道管の位置が
分かるものを探し出し、写真を頼りに引き詰めたインターロッキングを
剥がして、掘削を行い水道管を見つけ出し、水道メーターの元栓を閉めて、
チーズで分岐する。 


ダメだ。。

とても1日〜2日でできる作業じゃない。

下手すると、夏休みが終わっちゃう。

 
この暑い夏休みに、冷たい水を浴びたいの。 
僕は、今すぐに楽しみたいの。




1.水道メーターから外水道に。
我が家は、玄関前車庫スペースに水道メーターがある。
メーターから約2m程で外水道に繋がっているけど、
インターロッキング&タイルの絡みがあるので、メンドクサイ。


1はやりながら考える事にして後回しに、、、、。




2.水栓を選ぶ。
当初アンティーク調の水栓を検討していたんだけど、古さが目立ち
水漏れの恐れがあるので、仕方なく新品でバブルタイプのものをチョイスました。

<あえなく断念>




3.配管を選ぶ。
無骨感をかもし出したかったので、金属製の配管を使用したかったんだけど、
この場合接続部分にネジを切らなければいけない為、専用の機械が
必要になってしまう。


レンタルで借りる事もできるけど、んん〜〜〜。
さんざん悩んだ挙句、見えないところは塩ビ管でいいかと

<レンタルも中止>




4.組み立て
組み立ては簡単、長さを測ってカット。
エルボーと組み合わせて、専用の接着剤でくっつけていきま〜す。





5.完成



結局、本管との接続は「カッチン」にしました。
散水ホースの接続に使うアレです。

凍結防止用に水を抜く事もできるし、外水道を使い時だけ
外す事で、作業工期を大幅短縮。 完成までなんと、たった1日。




5.やって良かった〜。
いやぁ〜便利だー。 水浴びもできるし。
植栽へもたっぷり水を上げれるし、ビオトープはいつも清潔だし。





行動力って大事だね!
もっと早く作業に入っていればよかったよ!



横浜空間ならバルコニーでプールに入れる物件や、
ガーデニングを楽しめる物件も沢山ご用意しています。
http://www.yokohama-kukan.com/

行動力を振り絞って、お問合せ下さい☆