DIY バギー編

ある朝、目を覚まして窓の外をみると
久しぶりの晴天。


この日は残ってしまった事務作業を行うための休日出勤の為
ゆっくりと出社。


天気のも良く季節外れに暖かい気候だったので、久しぶりに
愛車でも乗ろうかと、意気揚々とバギのシートに腰をおろし、
のんびりと朝日を浴びながら走らせること約3キロ。



坂道を登り切った所で、いきなりのマシーントラブル。
エンジンは回っているが、前に進まない。
丁度ニュートラルの状態の様な状態。


この症状は、
まさかのドライブベルト断裂。


あぁぁ、。。


嗚咽と共に脳裏に浮かんだ事は、「このバギーどうしようか。」
ソレでなくとも目立つ車体のため、放置しておけば
イタズラされそうだし、かと言って、どのみち軽トラが無ければ
運ぶ事もできないし。


色々と悩んだ結果、僕がチョイスした選択肢は、
「押して帰る。」
100キロ近い車体を死にそうになりながら約1時間掛けて
自宅まで引いて帰った。 


って事で、先週の休日はDIYでバギーのドライブベルト交換を
行いました。


まずはジャッキアップ。
しっかりと車止めをハメて固定します。

後輪がWタイヤの為、非常に重いです。


次は、順番にボルトを外していくのですが、
後で迷ってしまわないよう、マーキングを行いながら
ボルトを外していきます。

これを怠ると、後でボルトが余ってしまったりします。



エンジンのアクリルケースカバーを外すと、
見事にベルトが断裂していました。

ベルト粉々です。


折角なので、プーリーとウエイトローラーも併せて
交換しちゃいます。

ピーススライド


ウエイトローラはこんな減ってしまっています。
これでは、プーリーの押し出しが足らずに加速が悪いワケです。


これじゃあ遅いわけだ


ベルトも新品に交換

クリーナーでケース内も洗浄


あとは、元に戻して完成!
通常バイク屋さんに頼むと5〜6万掛かるトコロ
部品代の11,000円のみで修理完了。
楽しい&安いがDIYの醍醐味です。
以前に比べてパワーも加速もUPして大満足の仕上がりです。





いつも部品を頼んでいるバイクショップZIPさん。
いかついハーレーが並ぶアメリカンなSHOPですが、
気さくなオーナーが、部品だけの注文でも親切に対応してくれます。


こーゆーガレージ憧れますねぇ〜。

凄いフロントフォーク


古い物を大切に使用して自分好みにアレンジする。
住宅も、オートバイも同じです。


横浜空間に “リノベーション魂” を大切にしているSTAFFばかりです。
リノベーションにご興味の方は是非お問い合わせ下さい。
横浜空間 http://yokohama-kukan.com