グリーン化ナウ。

yokohama-kukan2011-06-07

横浜空間ブログを始めた当初に比べると
スタッフも増え、ブログの順番の巡りが遅くなった為、
前もって仕込んだネタが若干古くなってしまい
恐縮ですが、半年位前、ACTUSのレセプションパーティーに来ました。
今回のk-$k のブログはこの日の事を書くことにします。




この日は、今後のインテリアのトレンドなど興味深い話を聞く事が
出来たのですが、そこで「モダンリビング」の編集長下田氏のお話が
とても面白かったんです。


モダンリビングでは

グリーンと暮らす、花と暮らす、ほんの少し豊かな暮らし

を推奨しており、「観葉植物」という決まりきった物ではなく、
いろいろな形でグリーンとインテリアの融合を提案しているようです。


ニューヨークの建築家の部屋



うんうん。
グリーンはイイよ。 犬のように散歩に行かなくても良いし、
ネコのように、壁を引っかく事もない、なにより育てるのが楽でイイ。



最近では、色々なインテリアショップで、グリーンの取り扱いをしていて、
もはやイケてる通称“イケ部屋”にはグリーンは不可欠な存在なワケです。


と言うことは、横浜空間スタッフの僕の家にもグリーが必要なワケですよ。
で、探しにいったんですけどインテリアショップで売っているグリーンって
ちょっとお高くありません?




<某有名インテリアショップ>                              手前のストレチアには¥50,000円の値札が付いています。



ホームセンターで 1,500円ほどで売っているクワズ芋がインテリアショップだと
15,000円だったりと、なんと言う事でしょう。




んで、気が付いたんでが、グリーンを楽しむ為に最も肝心なのはポットだと
思うわけですよ。


ウンベラータもクワズ芋も、オーガスタも、モンステラもみーんな、
足元を飾る器(鉢・ポット)が、周囲のインテリアに合うものじゃないと
一気に興ざめしてしまうじゃないかと。




逆に、植物を入れるものポイントさえしっかりと押さえておけば、、
町の花屋さんやホームセンターで大量に売られているなんの変哲もない
グリーンだって、インテリアショップで売られているグリーンと
同レベルの代物に早代わり。




くるりんパッ!なワケです。




んで、まずは手始めに縁起の良い黒松の “ミニ盆栽” を作成してみました。



どーでしょう。
材料費は松を込みで1,200円。
作業時間は1時間。
こんなカンジの小さな盆栽でもパソコンの横などにあると
結構癒されるんですよ〜。


横浜空間でお気に入りのお部屋を見つけてお気に入りのグリーンで
部屋中を埋め尽くしましょう♪
横浜空間 http://www.yokohama-kukan.com/