IT化?

yokohama-kukan2010-12-16




つい先日 待ちに待ったOSのバージョンアップが発表され
ios4.2がリリースされましたが、iphoneユーザーの皆様&STAFFは
アップデートしましたか?


今回のアップデートによりipadユーザーの方はマルチタスク対応に
なった事によりお気に入りのアプリケーションを瞬時に切り替えて
使う事ができるようになりましたね。



またiphone,ipad共通でAirPrintを利用したwifiプリントアーキテクチャ
導入され、iosバイスから直接プリントアウトが出来るようになりました。



そして、一番嬉しいのは、端末紛失時の強い味方「探す」機能の追加。
アップデートをされている方はもうご存知かと思いますが、
App Storeで「iphoneを探す」と言うアプリケーションをダウンロード
しておけば万が一iPadiPhoneiPod touchを紛失してしまった時
PCや他のデバイスから居場所をつきとめるんです。(GPSで)
コレは超便利! 



来る忘年会シーズンに向けて、酔っ払って失くしてしまいそうリストから
iphoneは外れます。 私には強い味方!(アナゴさんにも強い味方)




また遠隔操作でiphoneにメッセージを表示させたり、音を鳴らしたりロック
設定をさせたりも出来ちゃうんですよ。

しかも最終手段としてプライバシーを守る為、データを消去して
自爆しまう事も可能だと言うから驚きです。(爆発はしませんが)
もうねぇ、ここまで来ると昔TVで見ていたSFの世界ですよ。




そう言えば最もIT化が遅いと言われている不動産業界にもいよいよ
IT化の波が押し寄せてきてます。

今でこそ、物件資料は業者間のデーターベースからDLLできますが
つい数年前まで業者間の物件資料のやりとりはFAXがメインでしたからね。
数百ページに及ぶマンションの管理規約も今じゃメール添付でOKですし。


物件探しも以前の「
iphone 4G
」の記事でご紹介いたしました、不動産検索アプリの
HOME'S 」に続きリクルートの「 SUUMO 」からも不動産検索アプリが
登場。


そして、スタッフのT氏が愛してやまない相武紗季のCMでも有名な「 athome 」からも不動産検索アプリが
登場しました。

またipadなどの電子書籍端末の登場により、“マイソク”と呼ばれる物件図面の
配布も今後は、データーでの配布となるようです。

来年度早々から一部の不動産業者さんでは試験的に物件図面の
データー配布がはじまるとの事ですので、今から楽しみです。


昨日のニュースではシャープとソニー電子書籍端末を発表して
紀伊國屋書店でも力を入れて電子書籍を発売しているようですが
横浜空間でも膨大に溜まってしまった物件資料のデーターベース化をし
電子書籍のように保存する計画を立てています。

横浜空間では、電話でのやりとりの他メールでの対応にも力を入れています。
お忙しいビジネスマンの方や、日中は育児や家事に追われてらっしゃる
主婦の方など、お客様のご都合に合わせてメールで対応させて頂いております。



インターネットに特化した不動産情報サイト“横浜空間”では、
ストレスフリーな不動産探しをご提案させて頂いております。
http://www.yokohama-kukan.com/