「不思議の国のアリス」


待ち合わせの時間に早く付きすぎた際に
暇つぶしで寄った雑貨屋で見つけたこの絵本。



絵本パネェ。



以前からNYのメトロポリタン美術館売店でディスプレイ
されている事は知っていたけど、実際に実物を見て
これまでの絵本のレベルを遥かに凌ぐクオリティに驚き。
絵本どころの騒ぎじゃないんだよね。


もうねー 兎に角飛びでる。
ここぞとばかりに飛びだす。
まさに飛び出すファンタジー



この本は仕掛け絵本の魔術師ロバート・サブダの洋書。
仕掛け絵本作家として多くの人に知られるきっかけとなった名作
不思議の国のアリス


これはもう 絵本じゃなくて芸術品に粋に達している。



巧妙に仕掛けられたページが折りたたまれ
回転し動きまわり驚くほど大きく飛び出すその迫力と
イラストの美しさは大人も、子供も充分に楽しむ事が
出来るようになっている。



大人の私でも何度何度も開けたり閉めたりを繰り返し
仕組みを観察したくなるほどなので、子供の場合は
即、故障につがる事うけあい。


でもプレゼントとしての
ウケは最高なんじゃないかな。



不思議の国のアリス」の他にも「オズの魔法使い」もあり
共に洋書・和書が出版されていて今回は雰囲気がよい気がして
あえて英語版にしてみましたけど読めないんだよね。 英語。



眺めているだけね。



インテリアとしても活用できるけれども、
和書にすればよかったかなーと思う今日この頃。




横浜空間:http://www.yokohama-kukan.com/