ゴールデンウィークの悲劇

yokohama-kukan2008-06-06

本日のこのネタは少し前の話になり、
若干鮮度が落ちているので、どうしようか
迷いましたが、せっかくの体験でしたので、
書かせてもらいます。


この日は、ゴールデンウィーク前日
明日から連休と言う事もあり、気分はすでに
ホリデーモード。


仕事を手際良く片付け、定時時間きっかりに
家路に向かう途中は、ゴールデウィークをいかに
楽しく過ごすかで、頭が一杯でした。


でした、、
でした、、。


家に帰ると、まずはシャワーを浴び
せっかくの休みなんで身だしなみを
キッチリ整えなければとお風呂場で、
バリカンを使い散髪を開始。

した瞬間イヤな音が


その音は今までに聞いた事がない位に爽快な音で、
いかにバリカンの歯の切れ味が良いか、
誰でも分るような音でした。

気持ちの良い「刈り込み音」と同時に、
黒い固まりがバサッと床におちる。


一瞬何が起きたか分らず、鏡を見てみると
そこには、なぐさめの言葉も見つからないような
無残な姿がありました。





バリカンには普段アタッチメントが付けてあり、
任意の長さに設定できるようになっているのですが、
この日に限って、アタッチメントを装着しておらず、
バリカンの歯がむき出しの状態になっていたのです。

そんなバカな。
明日からゴールデンウィークなのに。


いつもは上手にできているのに。

いつもはアタッチメント装着の確認をしているのに。

今日に限り、
今日に限りなぜ、



何とかしなければ、
何がなんでも何とかしなければイケナイ。







バリカンハゲ隠蔽大作戦











作戦その1
黒いマジックでごまかす。

不自然極まりない結果に。














作戦その2
あらゆる症状に良く効くという
蜂の奇跡 「ロイヤルゼリー」を塗る

変化なし。














作戦その3
日本応援サポーター風にしてみる

大きなほくろにしか見えない。














作戦その4
あくまでウケ狙いを狙う

バカっぽい結果に。














作戦その5
けがを装う。

なんだか大袈裟なカンジに。














作戦その6
小さなけがを装う。

三つ目が通るみたいな結果に。












結局どの作戦も失敗におわり、どうする事もできず
ありのままの自分を出して過ごす事となりました。



K−sk


横浜空間:http://www.yokohama-kukan.com