トランスフォーマー ★★★

yokohama-kukan2008-01-25

一月も残すところ6日間になりました。
あんなに楽しかった冬休みの随分と前の事に思います。

私、三橋はこの冬季休みは、ダラダラと自宅にて
過ごしたので何処にも出かけておらず、した事と言えば
映画「トランスフォーマー」のDVDを観た事くらいです。

ご存知の方も多いかと思いますが、
トランスフォーマーは、車がロボットになったりする、
変身ロボ系のものなのですが、昔日本で放送されていたアニメ
とは、比べ物にならない位のド迫力で、最先端の特撮・CG技術
を結集させたトランスフォームシーンは、メカメカしい感が
かなり出ていてメカ好きの私には、たまりません。



そんなメカ好きな私が最近発見したブームは、「プラント・工場萌え」
これが今ひそかなブームとして新たなムーブメントをおこしているのです。


そのムーブメントとは・・・・。
かつて公害を生み出し、高度成長期には環境汚染の元凶とされ
意味嫌われていた工場地帯が「アート」として見直されていると
いうのです。
http://image.blog.livedoor.jp/dqnplus/imgs/5/3/53904208.jpg
http://image.blog.livedoor.jp/dqnplus/imgs/9/8/9885a8f2.jpg
http://image.blog.livedoor.jp/dqnplus/imgs/4/8/48c03354.jpg
http://image.blog.livedoor.jp/dqnplus/imgs/0/8/08abe78c.jpg
http://image.blog.livedoor.jp/dqnplus/imgs/5/4/5424a010.jpg

最近では、日本各地の工場の造形美が紹介され、疎遠だった工場
が神秘なものとして受け入れられており、工場写真をまとめた
写真集や、夜工場の夜景をバスで回る「工場萌えバスツアー」
までもが開催されているしいです。


私も、横羽線下り千鳥町付近左側のまるでランプが灯ったような
工場夜景には、いつもキュンとさせられ事故りそうになります。

トランスフォーマーのトランスフォームシーンと、工場内の剥きだした
パイプや大小さまざまなバルブ、夜間照明など無機質でストイックな
造形美に共通した萌えPOINTを発見しました。

トランスフォーマーと工場は、まさに男ウケの世界です。


追伸:軍艦島や九龍城も好きです。




横浜空間:http://www.yokohama-kukan.com