我ガ城。

yokohama-kukan2007-07-21

“さぶ” 改めMitsuhashiです。こんにちは☆
梅雨のこの時期、外出を控えお部屋で過ごす時間が
増えたのではないでしょうか。


以前波平さんが
ちょいワルオヤジ的 プチリフォームのススメ”
http://www.yokohama-kukan.com/petit_reform/p_reform03.htm
で素敵な自宅を紹介していたのを思い出し、今回は私の一番お気に入りの
リラックススペースを紹介します。




まず間取りはこんななってます↓。




横浜某所。 軽量鉄骨2階。 6帖。 駅から徒歩10分。
テーマは、『出来るだけDIY』 です。

 
第1回の 『I LOVE空間』 で紹介したBARの様に
http://love.yokohama-kukan.com/interview01.htm


自分のお好みの空間を自分の手で作ること
ということなのです。
高いお金をかければ、おしゃれな空間が出来る事は
当たり前。 
お金をかけないで自分でやるからこそ
腕の見せ所なのではないでしょうか?










まずこのナイトテーブル。

10年以上前に大型ごみに出ていた鉄製のラックを、
サンダーという工具で解体後、溶接・塗装し、
輸入品の梱包に使われる安い修正材のOSP合板で、
天板を付けたものです。
底にはキャスターが取り付けてありますので、
コロコロと自由に移動が出来ます。









そして

今話題のイケヤで買ったシンプルなシャンデリア。
家に帰って設置してみると本体が長すぎて、顔の高さ位まで
垂れ下がってしまい全く使い物にならなかったのですが、
こちらも分解・切断・電気圧着で改造して、部屋にピッタリの
長さにしました。









こちらがPCスペース。

本来、収納横の70cm程の幅のデットスペースで、
脱いだ洋服などが、ふきだまっていたのですが、
リサイクルショップで激安価格にて手に入れた
古いテレビ台の上に、先程のナイトテーブルでも使用した
OSP合板を丁度の大きさにカットして、
天板に利用。 

但し、かなり目が粗い為、そこら中からトゲが
飛び出しているので、カンナ&ペーパーヤスリで
やさしい手触りに仕上げています。









NYのライブラリーホテルに憧れて導入した本棚。

本当は、もっと薄型で天井までの高さの物が
欲しかったのですが、予算がなかったので、小さな物を
2つ購入して、一つの天板を取り外し無理やり
ジョイントしてみました。









もうかれこれ、12、13年は使っている、
セミダブルのソファーベッド。

通常背もたれが後ろに倒れるタイプのソファーベッドが主流ですが、
こちらは足の方向に伸びるタイプ。
簡単に折りたためるので、6帖の狭い部屋なのにもかかわらず、
セミダブルのベッドと、2人かけのソファーの両方を味わうことができます。
限られた部屋のスペースを活かすためにはソファーベッドが最適でしょう。

そろそろ買い替えを考えているのですが、どうしてもこのタイプの
ソファーベッドが良い為、まだ当分現役。









いまいち部屋が、スッキリしないと言う方には『配線モール』がオススメ。

ごちゃごちゃした配線が、スッキリと隠れます。
壁などに両面テープでつけるタイプで、簡単にはがすことができます。
スピーカの線やパソコンのLANケーブルなどを隠蔽。
近所のホームセンターに売っています。










いつも気になっていた不粋なエアコン

生活必需品と言えども、折角の雰囲気が存在一つで
ブチ壊しになるエアコンは、手作りのエアコンカバーで
隠しました。
実はこれ、ホームセンターで売っている“押入れ様のスノコ”を、
適当な大きさにカットして、ビス留めて塗装するだけ。
かかった材料費はたったの700円。









タイやバンコクで購入したブッタ像&サルバドール・ダリの絵。

お好みの雑貨に囲まれて、
キャンドルをつけて、
お香を焚いて、
お気に入りのDVDを観ながら、
旨いアルコールを飲むのが
至福の時。

私のストレス解消法。



・・・ここを見てる皆さんはどのような生活を送っているのでしょう?
そして、どんな部屋に住んでいるのでしょう?

ここを見ておられて
自慢のお洒落なお部屋にお住まいの方!

是非とも取材させてください。












横浜空間:http://www.yokohama-kukan.com