“迷わず行けよ 行けばわかるさ”

yokohama-kukan2007-04-20

こんにちわ、最近は繁忙期も多少落ち着き
やっと一息の時期に入りましたサブです。


私達、不動産業者のスタッフは、お客様の
ご案内や物件の下見を含め、ほぼ毎日
自動車を運転します。


始めていく物件も地図だけを、頼りに
日々さまざまな道を開拓していかなければ
いけません。
そんな中、一番困るのは地図上ではキチンと
道路のように見える道も実際に、現地に行ってみると
まったく地図とは形状が違う道路です。


進めば進むほど細くなり最終的には獣道のような
細さの道になっていたり、イキナリ階段だったりと、
かなりデンジャラスな道に遭遇する事もあります。


今までの体験の中で一番最悪だった「道」は、
磯子区岡村周辺で


一台ギリギリの一方通行で「行けるかな?」
「抜けれるのかな?」と思いつつ進んでいくと
最終的に明らかに車幅より道路幅が狭い場所に
たどり着いた時です。
しかも両サイドともにコンクリートの壁で。


ドアも空けれず外にも出れずで、本当に
最悪も思い出です。
結局15分以上掛けて来た道を全て慎重に
バックで戻りましたけど・・・。


しかし所詮整備されている日本の道路です。
先日、発表された「世界で最も危険な道TOP5」
足元にも及びません。
もっとも、こんな道路を通らないと、たどり着かない
物件ばかりの不動産屋なんてイヤですけどね。





#1 “Road of Death” - Bolivia

すれ違いは命がけだ。もっとそっち寄せろー!


#2 Guoliang Tunnel in Taihang mountains (China)

オーバーランは完璧に命取りに。


#3 Most Dangerous Tourist Hiking Trail (China)

もはや道ですらないような気がしますが。足場の類


#4 Russian Siberian Road to Yakutsk

あぶなと言うか進みにくいだけじゃ・・・。


#5: Taroko Gorge Road in Taiwan

山奥の工事現場のようだ。


(日本でよかった。)

仲介手数料¥0円企画実施中!!
横浜空間/http://www.yokohama-kukan.com