スタバ

こんにちわ横浜空間/三河屋のサブです。
本日は、横浜空間スタッフも大好きなスタバのお話です。

先日とあるニュースを見ていると興味深い記事が
掲載されておりました。

それはスターバックス症候群(シンドローム
これは、
「注文ができない」
「システムが把握できずにオドオドする」
「何を頼んでよいかわからず結局
“本日のコーヒー”にしてしまう」
「値段を見てビビる」…… 
などなどスターバックスにおいて行動や
心理的状況を意味する行動です。


前に並んでいる客が
「ダブルトールヘーゼルナッツラテウィズホイップ」
などと注文した日には、オドオドしてしまい何を注文していいのかわから
なくなる人もいるという深刻な病気の一つだという。

まず、長い! 
横文字が15文字以上続くのは、実に難易度が高い。

どこの店でも、ドリンク、サイズ、オプション(アイス、ホット)
の3つを店員に聞かれるのだが、そもそもサイズ自体も
分かりずらい、従来はS、M、Lだったのが
「グランデ、トール、ショート」と言わなくてはいけない。
これにオプションやアイス、ホットを伝えるので、
とても長い注文となってしまう。

ちなみに最も長い注文が以下の通りだ。
「ベンティアド、ショット、ヘーゼルナッツ、バニラアーモンド、
キャラメルエキストラホイップ、キャラメルソース、モカソース、
ランバチップ、チョコレートクリーム、フラペチーノ」


どうでしょう。
まるで「寿限無寿限無……長久命長助」で有名な落語の
寿限無」と変らないほどの感覚すら覚える。



寿限無スターバックスバージョン 〜
もしもスターバックスで事故があったら・・・。

従業員 「大変です!ベンティアドショットヘーゼルナッツ
     バニラアーモンドキャラメルエキストラホイップ
     キャラメルソースモカソースランバチップ
     チョコレートクリームフラペチーノ

     ご注文されたお子様が目の前の道路で車と接触事故を!」


店長  「なんだって!?この中でベンティアドショットヘーゼル
     ナッツバニラアーモンドキャラメルエキストラホイップ
     キャラメルソースモカソースランバチップチョコレート
     クリームフラペチーノ
をご注文されたお子様のご両親は
     おられますか!?」


母親  「はい!私がベンティアドショットヘーゼルナッツバニラ
     アーモンドキャラメルエキストラホイップキャラメル
     ソースモカソースランバチップチョコレートクリーム
     フラペチーノ
を注文した息子の母です。」


店長  「実を言うとベンティアドショットヘーゼルナッツバニラ
     アーモンドキャラメルエキストラホイップキャラメル
     ソースモカソースランバチップチョコレートクリーム
     フラペチーノ
を注文したあなたの息子が・・・」


こんな風になってしまいます。ああメンドクサイ。。


こんなメニュー、覚えられる気がしません。
そこで調べました、明日からスターバックスなんか怖くない!
最後に誰でも分かるスターバックスオーダー基礎知識

1.ホットかアイスかを決める
  ↓
2.ショート、トールサイズのエスプレッソのショットを決める
 (1ショット、ダブル)
  ↓
3.サイズを決める(グランデ、トール、ショート)
  ↓
4.シロップのトッピング
 (バニラ、アーモンド、ヘーゼルナッツ、キャラメル)
  ↓
5.ミルクの種類を決める
 (無脂肪乳、低脂肪乳
  ↓
6.水やミルクの量、温度も注文可
 (多い、少ない、熱い、温い)
  ↓
7.コーヒー名
(通は最後にコーヒー名を注文する)

つまり、トールサイズのアイススターバックスラテに、
エスプレッソツーショットに、ヘーゼルナッツシロップを
2杯加え、牛乳の泡を多めに変えたい場合は、

アイス、ダブル、トール、ダブルヘーゼルナッツ、
エクストラフォーミー、ラテ

と注文すればいいわけです
みなさんも是非試してみてくださいね。

横浜空間:http://www.yokohama-kukan.com