本当の下町

郷愁【きょうしゅう】
1 他郷にあって故郷を懐かしく思う気持ち。ノスタルジック。「―にかられる」
2 過去のものや遠い昔などにひかれる気持ち。「古き良き時代への―」


ノスタルジック【nostalgic】
[形動]郷愁を感じるさま。また、感じさせるさま。「―な町並み」

大辞林より引用>


先日、市内某所にて まさに郷愁な気持ちにさせてくれる建物を発見しました。
波平さんの企画「勝手にロケ地」http://location.yokohama-kukan.com に登場しそうな建物です。

このままの状態で新横浜のラーメン博物館に入っていたとしても、
全く持って違和感が感じられないような佇まいの不動産屋さん。



勝手にロケ地風に、ロケのセットとしては、

ドアを開くと、灰色の事務机が2つ位、あって欲しいデス。

その横には黒いソファーの応接セットがあって欲しいデス。

テーブルの上には時折 殺人に使われるガラス製のゴツイ灰皿が欲しいデス。
太ってチョビヒゲのおじいさんが居て欲しいデス。
他のスタッフはおばあちゃんが1人だけ居て欲しいデス。
テレビで相撲を見ていて欲しいデス。


さらにこの不動産屋さんのノスタルジックポイントは建物だけで
はありません。

さらに、入り口に近づいて見ると・・・・・・・・!!!!






!!!!!






そうです。通常不動産屋さんでは、ガラス越しにアットホームと呼ばれる、
図面が張られておりますが、そんな横文字のハイカラな物は有りません。

こちらにあるのは、おじいちゃん(多分)が1文字1文字、1枚1枚、丁寧に
思いを込めて筆で書いた温かみのある張り紙

私がもしも不動産屋をやっていなかったら、このお店で不動産を探したいです。
だって絶対に人情味が溢れていると思いませんか?



少々の無理難題でも「わしに任せておけ!」とか言ってくれそうです。
なんか色々な人生相談まで乗って貰えそうです。
たまにおばあちゃんが、漬けた沢庵をおすそ分けして貰えそうです。

むしろ、これで人情が溢れていなければ、反則だと思います。
 
この日はとても寒い日だったのですが、こちらの不動産屋さんを
見つけ"ほんわか"と心から、温かい気持ちになりました。

SABU

横浜空間
http://www.yokohama-kukan.com