現実は小説よりも奇なり。

今回の「横浜空間Select」だった商品を
購入しに行った時に視聴した、ipodハーマン・カートン
組み合わせにすっかりホレ込んでしまい
まずはipod nanoを購入しました。


と、いうのも私のとても仲の良い知人でD君と言う
非常に面白い男が居るのですが、彼から
ipod nano を買おうかと思っているのだが・・・。」
電話があり色々と自分の知っている知識内で説明をしました。


その後D君は、数ヶ月悩みに悩んだ結果ついに念願の 
ipod nano 2G を手に入れ、喜びの電話が掛かってきました。


D君「やったよ、買っちゃったよ。 早速家に帰って楽しもう」
  「よかったじゃん使い方とか分からなかったら、電話してよ」

しかし 悲劇はココから始まったのでした。 


その日の夜D君から、頼りの無さそうな声で、1本の電話が
掛かってきました。

その電話の内容というのは以下のものです。


D君「説明書の意味が分からないし、電源も入らないし、付属のコードも合わないし、 なんだよコレ!!(怒)」

う〜ん 「説明書の意味が分からない。」というのは確かに

アップル社の製品に付いてくる

説明書は極めて簡易的で「分からなければ自分で調べろ」的なカンジなので

しょうがないとは思いますが、

「電源が入らない」「コードが合わない」と言うのは明らかにおかしい。

電話ではラチが明かないので

「じゃあ今から行って見てやるよ」

と言いD君に向かい、ipod の様子を見ると、その原因が直ぐに分かりました。


なんとD君は












何の迷いも無くipod をCDコンポに接続して音楽を 移そうとしていたのです!


それどころかD君は












パソコン所有しておらず、触った事もないというのです。












結局D君の購入したipod nano は 破格に安値で私の手元に来ました。

D君は今回の一件を高校生の時に、免許を取る前にバイクを購入しとうとう免許が取れずに3年間が過ぎてしまった時以来の失敗と言っておりました。 




横浜空間   http://www.yokohama-kukan.com/index.htm
NEW 横浜空間Select http://www.yokohama-kukan.com/present/index.html