初めての年越し体験

今年初めてのブログのタイコです。
今さらですが、本年もよろしくお願いいたします!


さて、2006〜2007年の初めての年越し体験について書きたいと思います。
私は身内が奈良県にいるので、ここ何年かは年末年始は必ず奈良で過ごして
います。
土地柄、神社仏閣が多いため毎年「今年はどこに初詣に行こうか?」と家族で
思案するのも楽しみの一つとなっています。
そして、昨年末に誰一人として“除夜の鐘をついたことがない”
という話になり
「今年はお天気も良さそうだし行ってみようか?」と大晦日に行く事になりました。
悩んだ末、選んだ場所は薬師寺です。
(ライトアップされていて綺麗でした)

修学旅行で行ったことがある人も多いかと思います。
やはり、どこの神社・お寺も人が多く並ばなくてはならないというので、市内から
少しはずれた立地の悪い場所を選び、確実に鐘をつこうというのが狙いだったの

ですが、甘かった・・・予想以上の人・人・人・・・ビックリしました。

皆、テレビにかじりついてないのですね〜

いざ開門と同時に走り、並び、お坊さんのお話を聞き、鐘をつき始めるのが

11:45過ぎ、第1打は毎年このお寺ではあの塩爺こと塩川正十郎さんだそうで、

しっかり見ながら自分の順番を待ち“人生初めての除夜の鐘を無事につくこと

ができました”

鐘をつきはじめると5人1組であっという間でしたが、鐘をついた時の何とも

いえない手の感触と鐘の音はやはりいいものでした。


そして、今年は良い年になりそう!!と勝手に思いこみ家路についたのでした。