カマキン

新年あけましておめでとうございます。


建築マニアの間では、
昨年のホテルオークラの閉館解体ショックに続く、、、話題は!
鎌倉近代美術館の閉館が、今月末と迫り
多くのカマキンファンが最後の空間を味わいに
訪れています。



緑豊かな周辺の環境、モダニズム建築 設計者:坂倉順三
池の石の上に、鉄骨柱がのっているように見えるが
実は石を割ってはさんでいます。


晴れると、天井に池の水面の輝きが写りこみ
周囲の自然との調和がすばらしいです。
終戦からわずか6年後に
鎌倉に日本で最初の公立近代美術館をつくってしまうとは
この地を愛する人々のを歴史を感じます。




通称“カマキン”では、最後の展覧会が開催中です。



わたしも最後の空間を体感してきました。


いろんな作品をみているうちに
自分でも何か創作したくなってしまい!
今年は屋外オブジェをつくってみよう!!!


と、、、ハリきって帰って参りました。


昭和の名建築でアートが楽しめる最後の機会をお見逃し無く。


本年もどうぞよろしくお願いします。
ナイン・マンス建築散歩部
竹之内でした。