数字のお話し

竹ノ内  もしもし
     ナインマンスの竹ノ内ですけれど、、、


業者   ないん  さん ですか?


竹ノ内  いやいや ナインマンス ですけれど


業者   ないん マート さん?


竹ノ内  いやいや ナインマートでなくナイン マン ス です。
     ご担当者からの見積もりファクス、まだなんですけど
     早くお願いします。


業者   わかりました。
     担当から
     すぐ送らせます。





     5分後
     ピー、、、受信中
     ガー、、、印刷






     届いた FAX を見たら、、、





ナイスマン 竹ノ内 様

                                                                                            • -

平素よりご高配を賜り、誠にありがとうございます。
下記の通り書類を送付いたします。

                                                                                            • -


おれ、ナイスマンだから、こんな小さな間違いや
ちょいちょい揺れる地震なんて気にしません。 f ^ ^;)





さて、お題にもどり 数字のお話しですが


日本の建築世界では、奇数が昔から好まれています
奇数美というのは、建築、能楽や茶道、といった
日本古来のものに共通してみられ
西洋のように対称的な美よりも
崩し変化をつけたものを美しいと感じることです。


ヴェルサイユ宮殿は鏡の間を中心として
シンメトリーなっている点が美しいとされますが
法隆寺などはわざと一部を非対称にしている点を
日本人は美しいととらえることなどは
日本の奇数美の典型とされています。


古くは陰陽道からの影響のようで
1から9までの自然数のうち
奇数を 「 陽の数 」 偶数を 「 陰の数 」としてます。
その中で「9」は「陽」の極まった数という事で
縁起の良い数らしいです。


3月3日=ひな祭り
5月5日=こどもの日
7月7日=七夕
9月9日重陽節供(菊の節句
三三七拍子
七五三
三三九度 など たぁ〜くさん ありますよね、、、


あなたは0〜9までの数字の中で
どの数字が好きですか?
好きな数字は、あなたのラッキー数字ですよ!
頭の中に 好きな数字を膨らませていると
意外とその数字が
ひらめきを与えてくれるかもしれませんね
d(^^o)




ちょっぴり うちの社名が気になってしまった方はこちらへどうぞ
社名の由来(以下サイト な行 5社目表示されます。)
http://syamei.biz/category/50/na