5歳のチャレンジ

暖かくなってきましたね。
夏に向けてウォーミングアップを始めている人もいらっしゃると思います。
僕も始めました。u8です。

 

 

先日、5歳の息子から「海で遊びたい!」というリクエストがあり、沖縄へ行ってきました。
宿泊先のホテルにプライベートビーチもありましたが、ビーチでパチャパチャやるだけでは
息子にただ「綺麗な海で遊んだ」というやんわりした記憶しか残せないと思い、シュノーケルを予約しました。

 

 

学生の頃、沖縄でCカードを取得したのですが、
初めて潜った時、「こんな世界があるんだ」と強烈なインパクトを受けたのを覚えています。
ダイビングほどではなくても、海の中の世界を感じることができれば、5歳の息子の記憶にしっかり残せるんじゃないかと思ったからです。

 

 

ろくに海に入ったことのない息子。
お風呂で頭からシャワーをかけると泣く息子。
はたしてシュノーケルができるのかはわかりませんでしたが、男はチャレンジです。

 

 

出発前からネットで色々とシュノーケルの画像を見せ、シュノーケルとはこういうものだとイメージ作りをさせました。
「楽しみ!」という息子。
でも頭からシャワーをかけると泣きます。

 

 

一日目はホテルのプライベートビーチでパチャパチャ。
楽しそうにキャッキャと遊んでいます。
まともに海に入ったのはこれが初めてでしたが、わりといける様子。

 

 

そして二日目、チャレンジの日です。
朝10時に待ち合わせ場所に集合し、準備開始。
ウェットスーツに着替え、ライフジャケットを装着。
これだけで、ただビーチでパチャパチャ遊ぶだけとは違ってきます。

 

 

海に入ります。
ライフジャケットを着ているので浮くのですが、ばたつく息子。
落ち着かせ、「浮く」というのをわからせます。
浮くことを理解し、安心した様子の息子にマスクをつけさせます。

 

 

いよいよシュノーケルです。
最初は少し顔をつけては、すぐに顔を上げていましたが、徐々に慣れ、しっかりと呼吸をし、長い間顔をつけていられるようになりました。
定期的に顔をあげ、「げほォォォ!うェェェ!」とか言いながら。

 

 

次は餌やりです。
お麩を手に持っていると、魚がよってきます。
水族館でガラスの向こうにいた魚が目の前にいる状況で、息子も必死に餌をあげていました。
定期的に顔をあげ、「げほォォォ!うェェェ!」とか言いながら。

 

 

すぐに音をあげるかと思っていましたが、時間いっぱいまでやりきりました。
頭からシャワーをかけると泣く息子が、こんなにできるとは思わず、感動しました。

 

 

ちなみに、1歳の娘も一緒でしたが、彼女にとっては修行の時間でした。

もちろんシュノーケルはできないので、浮き輪でプカプカ浮いていただけですが、終始ギャン泣き。
海が嫌いにならないことを願います。

 

 

今回お世話になった「Diving shop Ryo」のリョウさん。
人柄もよく、ずーっと泣いている娘を根気よくあやしてくれました。
沖縄で子供にシュノーケルを経験させたいお父さん、お母さん。おすすめです。

 

 

大量に海水を飲み込んだ息子も「次は青の洞窟に行こう!」と張り切っていたので、もう少し娘が大きくなったらまたお願いしたいと思います。

 

 

家に帰ってきて、お風呂で息子に頭からシャワーをかけてみたらだいぶ大丈夫になっていました。
沖縄の海が彼を成長させてくれました。

f:id:yokohama-kukan:20190423092548j:plain

 

 

 

独自取材で横浜の中古マンションを紹介。仲介手数料半額 || 横浜空間