あけまして バンコク

yokohama-kukan2019-01-05

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。



寒い日が続いていますね。
そんな時はバンコクネタで身体を温めなければいけませんね。
u8です。



もう昨年の話になってしまいましたが、僕の今回の旅のテーマは、「ホテルを楽しむ」でした。4泊5日の旅、3つのホテルに宿泊しました。



1、2泊目はスクンビットエリアにある「Ad Lib Bangkok



ホテルで何が好きかって、朝食が大好きです。
普段はそんなに朝食は食べないのですが、何故か旅行の時はたくさん食べられる不思議。
ここの朝食、最高でした。



3泊目はカオサンにある「CASA VIMAYA RIVERSIDE」





2018年にオープンしたばかりという新しいホテル。
当たり前ですがとても綺麗で、居心地の良いホテルでした。
カオサン通りに近すぎると爆音で寝れないと思い、程よく距離のあるこのホテルを選びました。
結局朝までカオサン通りにいたので寝てませんが。



4泊目はチャイナタウンにある「103 Bed and Brews」







どのホテルも選んでよかったと思えるいいホテルでしたが、最も刺激的だったのはここです。
薬商人の家だった建物をコンバージョンしたホテル。
建物の1階はカフェバー。
そのカフェバーがホテルのラウンジも兼ねている感じで、カフェバーのカウンター席でチェックイン。
すると渡されたのは南京錠。
もうこれだけで「ここは普通じゃない」と期待感が高まりました。
渡された鍵は二つ。
一つは部屋とシャワールーム用。
もう一つは建物入口のシャッター用。
「カフェバーの営業時間外は入口のシャッターが閉まってしまうので、自分でシャッターの鍵を開けて入って」というスタッフ。
面白い。



1階から2階の部屋に案内される際、階段で「靴を脱いで」と言われ、ふと階段を見ると、他の宿泊者達の靴が無造作に置かれていました。
ホテルに入る前に靴を脱がされたのは初めてです。
改めて、やっぱりここは普通じゃない。



僕が案内されたのはこじんまりとしたロフト付きの部屋。
一人で泊まるには十分な広さ。
チャイナタウンという場所柄、中国の要素を取り入れたインテリアもいい雰囲気。



「部屋とシャワールーム用の鍵」と書きましたが、ここは部屋とシャワールームが別室になっています。
つまり、シャワーやトイレに行く際は、一度部屋の鍵を閉め、別室に行かなければなりません。
正直めんどくさかったけど、普通じゃないからしょうがない。



6度目のバンコクでしたが、チャイナタウンは今回初めて訪れました。
せっかくなのでフラッと街を歩いてみて、SNS映えするということで人気だというカフェにも行ってみました。
まぁ、確かに写真映えはするけど、それだけの所でした。
5人ほどいたスタッフはみんなずーっとスマートフォンを見ていました。



甘ったるい飲み物とケーキを食べてしまったので、余計に喉がかわいてしまい、ホテルに戻り、1階のカフェバーでおすすめのcold brewをオーダー。
お店の名前にしているだけあって、やはり美味い。
またしばらく街をふらつき、帰ってきた時にはcold brew nitroを試してみました。
これも美味い。
普通のコーヒーよりあっさりしていて、喉越しがいい。
散歩帰りの火照った体にはぴったりでした。



決してラグジュアリーホテルのような豪華さや快適さはありませんが、若いスタッフはとても親切&一生懸命で、近場のおすすめスポットを教えてくれたり、翌日は帰国の為、早朝に空港に行かなければいけなかったので営業時間前にチェックアウトをしたいというお願いにも、快く応じてくれました。
なにより笑顔が最高でした。
数年前にNYのAce Hotelに宿泊した時に似た刺激をもらいました。



あとは、世界一美味しいオレンジジュース(u8調べ)を飲んだり

エカマイ散策中に見つけたイケてるBARBERで髪を切ってみたり

ちょうど開催期間中だったJoan Cornellàの個展に行ったりしました。



やっぱりバンコクは楽しいですね。
また来タイです。


ありがとう!



横浜空間:https://yokohama-kukan.com