オレの城。

ようやく春らしい陽気になってきましたね。
K-$Kパイセンも記されているよう、様々なスタートとなる新年度。
DIYではありませんが、ワタクシYkgも自宅の制作デスクを心機一転致しました。
ワタクシの場合はDIY…ではなく「DTM(Desk Top Music)」ってヤツですね。



小学生のなりたい職業第3位がYouTuberという時代…。
音楽業界も「歌ってみた」や「ボーカロイド」などアマ・プロ問わずたくさんの人が音楽を身近に作れる時代となりました。
ワタクシが10〜20代前半の頃は今みたいにPCでの作業がまだまだ主流ではありませんでしたから、いわゆる「MTR」というバカデカイ機械を使ってのデモ音源作り。

バンドマンはこのMTRで録音した音源をライブ会場で配布したりオーディションに送るわけですね。
(空間スタッフii9bow氏も某S●NYのデモテープオーディションに応募した事があるそうですよ)

ちなみにワタクシがバンドマンだった時代、ツインギター・ベース・ドラムの4人編成に上記の16chのMTRという機械を2台同期させてライブをしてました。
総機材量は軽くハイエース1台分くらいになります。苦笑。


それが現在では、たった1台のPCを持っていけば全てを補えてしまう時代です。



話が少し脱線しましたが、自宅で簡単にプロ並みの音源制作ができてしまう時代。
とは言え、とにかくお金はかかります。。。トホホ。

しかしながら、趣味は男のロマン
家族にはイヤな顔をされながらも、趣味の時間があるから日々を頑張っていけるんですよ、男は。



というわけで、ワタクシも自宅スタジオのシステム(というと大げさですが)をより良い環境にするため、奮発してやりました。

クリエイティブに欠かせないのは、ハイクオリティな機材達とイマジネーション湧く環境だっっ!
そんな自身への言い訳を胸に。笑


まずは10年近く経つメインPCをチェンジ。

(macbook/たぶん2008)


イマドキよくこんなmacDTM作業してんなっ!って言われるような化石マシンです。
特別故障もしていませんが、画面は小さいしメモリも4GBだし、イイ加減限界。


最新のマシンを思い切って購入。

(iMac/Retina 4K)

巷で噂される“最もMacを安く購入できる方法”である、知人の知人経由でAppleSTAFFよりカスタマイズ購入。
それでも家電量販店でwinを買うなら軽く4,5台は買えてしまう金額。。。トホホ。


しかしながら毎度、Apple製品「開封の儀」このページを見るのは最高。。。
アップルユーザーならきっとご賛同頂けるかと思います。


ここで散財ゴコロに火が点いてしまったワタクシ。
この際だから…という事で、一挙に周辺機器を新規交換してしまう事を決意。

尚、ここからは完全にディープな世界です。申し訳ゴザイマセン。。。


まずは、旧制作環境。


なんも創まれてくる気がしねぇ…。



そもそもマンション住まいのワタクシ、「大きい音は出せないから…」とモニタースピーカーを使用せず、ヘッドフォンだけでの作業でしたが、これを機に「そんなモン関係ねぇ!」とモニタースピーカーを購入。

(YAMAHA-HS5 PAIR)
低価格で原音を忠実に再現してくれるというプロ制作現場でも御用達の一品。
スピーカーですから当然ペアでの購入になります。トホホ。


せっかくなので、これに中学生の頃にお小遣いで買った小さいスピーカーを同色に塗って上にドッキング。

ラクタ同然の安物だからこそ“ガラクタみたいなスピーカーで聞いた時にどう聞こえるか”を再現できるわけです。


一応、気休め程度にスピーカー裏へ吸音材も貼っときます。

こんなんでもけっこうイイ値するのでとりあえず3枚。トホホ。



次にオーディオインターフェース
オーディオインターフェースとは、簡単に言えば歌声や生の楽器等を録音してPCに取り込む機械。

今まで使っていたのはコレ。

3,4年前?くらいに2万5000円くらいで購入した気がします。
24bit/96kHzまでの対応となるので、まぁ、軽くやるなら悪くもないけど全然良くはないヤツ。
(上に乗っかってる白いヤツは1回か2回しか使ってません。。。)

「やっぱ録り音が良くなきゃ話にならん」
という事で24bit/192kHzまで対応、ドイツ製「色付けしない透明なサウンド」のコイツを導入。
お値段も4倍。。。トホホ。

(RME/Babyface Pro)



なんだか楽しくなってきてしまったので、クローゼットに眠っていた愛機たちも引っ張り出す。
メンテナンス&随時使用可能な状態に。

どれだけ音楽に散財したか自慢みたいなブログになってきたので、この際パンツおろしちゃいますが、 まだ奥のクローゼットに4本、そこそこイイ値のモノが眠ってマス。。。


なんとなく要塞感が出るからチューナー(音を合わせるの機械)も置いてみる。


弾く予定もないバイオリンもとりあえずディスプレイしてみる。



最後にデュアルディスプレイ仕様にして完成。



なんか、すげぇのが創まれそうな気がする。えへへ。



コレが…


コレ。

ちなみに従来のmacbookは左上、外作業用のmacbookAirの台座になりました。。。


欲を言えばマイクスタンドをアームタイプにして上から持ってきたかったですが、さすがに散財にも程があるので今回は断念。


家族をほったらかして自室に籠る時間が増えてしまいそうです。。。





ちょっとした事で大きく気持ちの動く模様替え、何にもならなくとも自身の心はとても満たされますね。





そんな家探し、お部屋づくりを私たちはお手伝いしていきたいと思います。
横浜空間HP www.yokohama-kukan.com
東横空間HP www.toyoko-kukan.com
9months建築設計 www.9months.jp