寿司に山葵をつける理由。

こんにちは。YKGです。


ヒト一人育てていくってのは本当にお金がかかりますね。

もう肉なんて食べてる余裕もありません。
人さまにご迷惑をかけず、質素に生きていくしかないです。

ワカメと枝豆だけで暮らしていきます。


悪フザケがすぎました。



さて、前回のk-$kパイセンも書かれてますとーり、
新スタッフの彼の仕切りによる第1回・空間BBQも無事に終了しました。

夏も終盤。学生を終えてから夏ってのはマッハで通り過ぎていく気がします。

思い返せばこの夏、夏らしい事と言えばこのBBQくらいしかしてません。。。

今年、新しい海パンも購入したのに。。。

オレの夏を返してくれ。カンバックサマー。

そしてBBQに加えて夏季休暇前に広島焼会をしました。

不動産部の親睦を深める会だったわけですが、私は正直こう感じました。


waraとKAKIのオジサンは、社員旅行に行ったら帰ってこれねーな。


BOSSもおっしゃってますとおり、毎回無事に帰国できているのが不思議な空間社員旅行。

普段、一生懸命お仕事させて頂いてますので、ハメというハメを外し倒す空間社員旅行。
(もちろんジャパニーズとしての節度を持ってデス)


この2人が加わると、もうどーなってしまうのか 

だってオカシイもんこの人たち

今まで出会ってきた人たちの中でも、ベスト5に入る事は間違いないです。




そして、オカシさにかけては引けをとらない別の友人がいます。

私自身の結婚式の際、会社の人たちのテーブルから一番遠い席にしました。


でもu8さん!この人、自分の結婚披露宴のとき、マグロ1匹(約150万)解体ショーをやったんだよ!



その友人から、先日に嬉しいメールが届きました。


「新しいPVできた」


まだ全国を旅していたイケイケだった頃に出会い、今も親交のある友人なのですが、
約5年ぶりのニューリリースをするとの事で一足お先に音を送ってくれました。


なんだか、色んな感情をグッと持ってかれて、とっても嬉しくなりました。


例えば、「好き」という気持ちを「好き」という言葉を用いずに伝える。

それこそがアーティストの真髄と思う私。

小説も、映画も、歌も、自分自身で“考える”からこそオモシロイ。

「共感」よりも「想像」させる作品が好きなんですね、きっと。

だってオレ、会いたくて震えないし、恋して凍えない。



そんな友人が今度こっちに遊びに来るとの事。

それが私の今年一番のサマーバケーションになりそうです。








家との出会いを想像する「横浜空間」
http://www.yokohama-kukan.com