次男の悪口。

yokohama-kukan2009-11-30

前回の某N氏のブログを読まれ、彼への好感度が上がった方もいるかと思います。

でも、そんな皆さまにこそ聞いて頂きたい。


あの人、私がトイレに入ったの見ると電気を消してイジワルするんです。


皆さま、こんにちは。
社内のパワハラにも人知れず耐えているYKGです。




さて、昨日はWBCフライ級タイトルマッチをご覧になられた方がたくさんいる事かと思います。
視聴率がすごかったみたいですね。もちろん私も見ました。
因縁の対決だとか、いろいろと言われていましたが、結局のところ世間の亀田3兄弟に対する注目はスゴイって事なんでしょう。

いい事わるい事あるんでしょうけれど、私の亀田家への着眼点はただ1つ。

3兄弟と親父の家族愛です。(もちろんメディアで流れている面からしかわかりませんが…)








何故なら、私も3兄弟。


そしてボクシングではありませんが、我々兄弟も3人で1つの共同作業をやっています。

きっと普通の家庭ではありえないくらいの濃密な時間を兄弟3人で共有しております。

もちろん、お互いにお互いを尊重しあいますが、作業の中では兄も弟も関係ない。

一度ぶつかれば、その衝突は他人同士のそれとは大きく異なります。

実際、サポートしてくれる周りの人たちに良く言われます。

「はたから見たら、言ってはいけないレベルまで、アナタたちはとことん言い合いをする。明日には誰か1人こなくなるんじゃないかと心配になるくらい。」

でも、我々3人からしてみればどんなに言い合いをしたって、バラバラになるかも…なんて気持ちは微塵もありません。

だって、どこまでいったって家族ですから。


話を戻して、亀田3兄弟。

私は亀田ファミリーを好きでも嫌いでもありませんが、どうしても自分の立場と重ねると、悪い目では見れないのです。

「スポーツ」としては確かにやってはいけない事、言ってはいけない事だったかもしれません。

でも、彼らにしたら「スポーツ」ではなく「人生そのもの」でしょう。

そりゃ、アツくなっちゃいますよ。自分の家族がピンチなんですから。

逆に、あれだけ家族のキズナ的な事をメディアで取り上げられていて、家族のピンチにアツくならなきゃ嘘じゃないですか。

そういう面ではとてもクリーンな家族だと思います。


私は思います。

世の中の兄貴は、弟が思ってるよりもずっと弟の事思ってますよ。

だからいつだって兄貴は弟のケツ持つ気でいるんです。

しょーがないじゃないですか。兄貴なんですもの。


長男 = ケツ持 (K-sk氏,YKG)
→イヤだイヤだと文句を言いながらも、度胸がないのでこなすタイプ



次男 = 破天荒(Nakazawa氏,takekubo氏)
→度胸があるのかないのか、怒られてもぜんぜんヘッチャラ♪なタイプ



三男 = 空気読
→世渡り上手でかわいがられるタイプ




こんな方程式を胸に、私は明日も一生懸命、お兄ちゃんをしようと思います。






横浜空間HPhttp://www.yokohama-kukan.com






本日のBGM
吉田兄弟 ♪ MORRICONE