因果関係と抱負

【 -第80回- 2015年1月5日号】



2015年お正月、いかがお過ごしでしたか。
私は例年通り、何もせず、ひたすら休養(寝て)しました。
寒いと外に出る気もおきません。
暖房ガンガンの家の中で、真夏の湘南ビーチでくつろいでいる自分を想像するのが好きです。

そんな怠惰な生活が染み付いた自分と決別したくて、
年末には恒例の、来年の抱負を考えましたが、
最近は「年末の誓いも、1月の中旬には何を誓ったのか、忘れる自分」がわかって、抱負すら考えなくなりました。

そんな私ですが、昨年、ビビッときた出来事がありました。

簡単にダイエットできたのです。

お腹周りの肉を手で叩いては、「男のアクセサリー」などと、
寒いギャグを言っていた自分に反省し、9月にダイエットを開始しました。
方法はいたってシンプルに。

食べない。

正確には、今までより食べる量を減らす。
というものです。

ダイエットを始めるにあたり、いろいろとネットで調べてみましたが、
どう考えてみても、
「食べない事が、痩せる」という単純な結論に至りました。
そして、3ヶ月で5kg痩せました。
お腹周りも、ベルトの穴が1つ縮みました。
今は、この体重を維持できるように、少し多く食べたり、食べなかったり、適当に調整しています。

「食べないから痩せる」
当然な結果です。
この現象を何て表現していいのか、考えた結果。
「原因と結果の関係があること」
そう、「因果関係」。

ダイエットについて検索した時、
「食べないで痩せる危険性」などについて、さまざまなダイエット方法で指摘されていましたが、私としては、「食べながら痩せる」ダイエット方法の方が無理があるように思いました。
食事制限によるダイエットには、何かしらのリスクがあるかもしれませんが、単純に「痩せる」という結果を達成するには「食べない」ことがもっとも有効的な方法です。

まずは、シンプルに結果をだせる方法を選択すべきなのに、選択する前から、いろいろと複雑に考えるから、結果がでにくくなってしまう。

ダイエットを始めた時には、難しく考えませんでした。
ちょっと痩せるか → 一番簡単な方法を探す → 食べない
結果も期待していませんでした。
しかし、想像以上に痩せられた。

「いろいろとコネクリ回して考えていないか?オレ?」

もっと単純に「因果関係」だけを考えれば、いいんだ。

例えば、「もっと仕事ができるようになりたい」とすると、
「もっと、働けばいい」となるかもしれない。
まずは、今までより時間でも密度でも長く、濃く働けばいい。
「どのように」などの効率性などは、後から考えればいい。
まずは、もっと働く。
で、いいかもしれない。

と言うことで、

「簡単(シンプル)に考えて、それをやってみようか」

を2015年の抱負に!

1月いっぱいは、これを忘れずに日々過ごしたい。




追記・・・・・
5年前の年頭の抱負なのですが、すっかり忘れていました。
「因果関係」と「シンプルに考えて行動する」
我ながらいい抱負だったなあと思います。
残念なのは、毎年抱負が思いつきだけで終わってしまっていること。
思動不一致です。
2020年も半分が過ぎます。
残り半年の抱負は「シンプルに考えて行動する」を心がけます。

コラムも配信中!メールマガジンの登録はこちら