クラブ活動番外編

【 -第24回- 2012年9月3日号】




ご好評いただいた、さまざまな人々(クラブ活動編)は前回で終了となりましたが、前々回のコラムで登場した数多くの武勇伝があるA社長のモテ・テクニックについて、想像以上の反響をいただいたため、今回は、A社長のモテ・テクニックを分析してみます。

まずは、A社長の復習から。
A社長の年齢はaround 50。容姿は身長160cm台。小太り。お腹回りには、しっかりと“男のアクセサリー”贅肉がのっています。そして、書店に並ぶ男性ファッション誌を生涯一度も見たことがないと想像できる程、服装には無頓着です。

でも、モテます。

日々クラブ活動に励み、20歳代の彼女を連れているところを数多く目撃されています。
一度A社長に、モテる秘訣を聞いてみたところ、
「いかにお金をもっているように見せるか!」と即答しました。
A社長とクラブ活動をした際じっくり観察したところ、とにかくキャバ嬢たちに気前よく振舞います「ほら、酒頼めよ!何でもいいから、食い物もってこいよ!」の連発です。

そして、とにかく話が大きい。会話に出てくる有名人は、皆知り合いです。特にブラックな話になれば、アサヒ芸能仕込みの裏話を自慢げに話します。
横にいた私は、呆れるのを通り越して、真剣にA社長の話を聞き入りました。
とにかく、すべてが自信に満ち溢れ。ふんぞり返りすぎてソファーから滑り落ちるのでないかと心配したほどです。

以前、私はクラブ活動中に、あるキャバ嬢に「モテる男ってどんな男」って聞いてみたことがあります。
そのキャバ嬢曰く、「自信のある男」
あっ違う「正確には自信があるように見える男」と答えました。
自信=お金と考えれば、まさにA社長のことです。

また、必ず自分のテリトリーで勝負している点も見逃せません。
例えば、A社長の自信は普通の会社員やスタバの女性スタッフに通用するでしょうか?
はっきり言うと、無理です。
A社長が通うクラブはリーズナブルなお店ばかりです。
高級クラブに行けば、本当のお金持ちかどうか、すぐに見破られてしまいます。
宝石鑑定の訓練は、ひたすら本物の宝石だけを見続けることだと聞いたことがあります。本物しか見ていないと、ニセモノを一瞬で見分けることができるようになるそうです。

A社長は、自分の武器で勝負できるフィールドで戦っているのです。

また、A社長は、学生時代に今ほどモテたでしょうか?
普通に考えればモテなかったでしょう。
なぜなら、若いゆえに、今ほど自分を理解できず、お金持ちに見せる武器をもっていなかったのですから。
ただ、A社長は学生時代には、その時に持っていた武器で戦っていたかもしれませんが…。そうなるとわかりません。

結局のところ、無いものねだりをしたり、他者を羨んでいる暇はないということです。
将来に備え、戦略的に武器に磨きをかけ、自分のテリトリーで戦えば、勝率はあがります。
恋愛でも仕事でも趣味でも、これは通用すると思っています。
たとえ今は負けていても、心を奮い起たせて、武器を磨く。
周りをよく見て、どこが、自分が戦う場所か見極める。
A社長から学ぶべきことは多いです。
学んではいけないことは、もっと多いのですが、、、、、。




追記・・・・・
このコラムに登場したA社長も歳をとりました。
病気になったり、なんだかんだでクラブ活動休止中のようです。

私の持論ですが、若い頃モテなくても心配ないです。
歳とって、お金を持って、ひげでも生やして、自信あり気に振舞えば、なんとかなります。
私のまわりには、そんな人たちがたくさんいます。

コラムも配信中!メールマガジンの登録はこちら