【 -第153回- 2017年11月13日号】




初っ端からハッキリ言いますけど、イケメンや美人は何かと得することが多いと思います。

ただし、30歳くらいまでですが。

米国16代大統領、リンカーンも言っています
「40歳を過ぎた人間は、自分の顔に責任を持たなくてはならない」
自分の生き様が顔に表れるってことだと私は解釈しています。

思うに、やはり性格や生活態度は容姿に表れると。
例えば、学生の頃はイケメンともてはやされても、生活態度などに向上心がなく、服装など身の回りに無関心な男が40歳になった時もイケメンと思われる可能性は、ほぼないと思います。
美人ではなくても、愛嬌があって、明るい女性は歳を取るごとに素敵になります。

男に限って言うと、学生時代にどう見ても、モテなかったような男でも、いい服着て、ひげ生やして、自信ありげに振る舞えば、なんとかカッコがつきます。
これは、お金を稼ぐ→自信が生まれる→顔に表れる→モテる
という好循環サイクルの賜物です。

しかし、歳をとってから、モテ始めると、いろいろと問題があると、夜のクラブ活動時にホステスさんから聞いた事があります。
性格的にひねくれている。
人生前半の失敗を取り返そうと、見境なく女性を口説く。
女性に対して横柄な態度をとる。などです。

結局、今度は悪循環のサイクルが始まります。
性格がひねくれる→顔や態度に表れる→嫌われる
学生時代のモテない時に戻ってしまいます。
残念ですが、私を含め、人は学べないものです。

「自分の考えや行動が顔をつくる」

肝に銘じて、日々過ごしたいものです。

愛犬ボンは普段は大人しく散歩をしているのですが、稀に人に対して急に吠えることがあります。
どうして吠えるのか。
人に問題があるのか、それともその場の状況なのか?
注意深く2年間観察した結果、

自信なさげに、覇気がなく歩いている人に対して吠える。

体重6kgの小型犬から上から目線で吠えられる方もたまりませんが、どうしてもそう思えるのです。

もし、本当に疲れて、覇気がなく歩いている時に、急に小型犬に吠えられたら、「犬にも吠えられるのか」
と蹴り飛ばしたくなると思いますよ。

そんな心情を先読みして、近頃は、ボンの気持ちを忖度して、吠えられそうな人がいたら、ボンを抱えます。

うちの犬はリンカーン並だと、バカ親はかわいがっております。笑笑




追記・・・・・
コロナ禍において、常時マスクを着用していますから、初対面の人の顔や表情などわかりにくいですよね。
そして、世の中マスク越しでイケメン、美人だらけになりました。

鼻と口元が顔の印象に大きく影響することがわかりました。

愛犬ボンは、相変わらず元気に弱者センサーが作動しています。
困ったものです。

コラムも配信中!メールマガジンの登録はこちら